プリンが固まらない!再加熱すればいい!?ゼラチンなしのプリンの対処法

スイーツ

身近な材料で手軽に作ることができるプリン。

挑戦しやすい手作りスイーツですよね。

 

しかし、意外と失敗も多いのも手作りプリン。

よくある失敗が、「固まらない」ことです。

ゼラチンなしで作るプリンで陥りがちなのです。

プリンが固まらないという失敗、どう対処したらよいのでしょうか。

 

このページでは、ゼラチンなしの手作りプリンがうまく固まらないときの対処方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

焼きプリンが固まらないときはオーブンで再加熱すればいい?固まらない原因は?

プリンが固まらない場合、どうすればいいのでしょうか?

加熱不足だけが原因であれば、オーブンで再加熱することで解消するのか気になりますよね。

 

結論からいえば、プリンが加熱不足が問題で固まらないのであれば、オーブンでの再加熱で対応可能と言えます。

 

はじめてプリンを作る場合は、レシピに沿って、きちんと材料の分量や加熱温度、時間を守ることがポイントです。

しかし、再加熱をしたあと、「加熱は十分なのに、なんで固まらないの?」となった場合は他に原因があるんです。

 

基本的なプリンの材料はシンプルに卵・牛乳・砂糖の3つです。

プリンは卵が加熱されて固まること(熱変成によって凝固する性質)を利用して作ります。

プリンが固まらないのは、卵が固まることを邪魔する要因があるからなんですね。

 

では、プリンが固まらない理由とはなんでしょうか?

1.温度が低い

卵が固まるのは60~70℃です。

これよりも低い温度になっていると、プリンは固まりません。

フライパンの火加減やオーブンの加熱温度をチェックしましょう。

2.加熱時間の不足

加熱時間は長すぎても短すぎても、プリンが固まりにくくなります。

また、蒸し焼きにするか、蒸しのみにするかで調理時間も違ってきます。

タイマーなどで時間管理をしっかりしましょう。

3.材料の分量の配分

牛乳の量に対して卵が足りない場合も、プリンが固まりにくくなります。

材料は比率を守って作ることが大切ですよ。

4.牛乳と卵が分離してしまう

牛乳と卵は比重が違うため、うまく混ぜたと思っても固まるまでに分離してしまうことがあります。

プリンの中心に早く熱を届けることで分離を防げます。

 

プリンが固まらない理由はいろいろ考えられますが、再加熱することで固めることはできます。

ただし高温で長時間加熱することで、「す」が入ったり、口当たりが悪くなったりと仕上がりに影響します。

再加熱するときも、時間はこまめに延ばすなどして、様子をみながら行いましょう。

スポンサーリンク

プリンが固まらない時ゼラチンなしならではのアレンジ方法

ゼラチンなしのプリンが固まらないときは、アレンジしておいしく食べるアイデアもありますよ。

 

まずは、大胆に固まらないプリンをそのままミキサーにかけてしまいましょう。

あっという間にミルクセーキのできあがりです!

 

ミルセーキにしてしまえば、中身もそのまま。

何か足すこともなくおいしく飲めますよ~

失敗しても、手間をかけずに即対処したければ、ミルセーキはオススメです。

 

また、ちょっとした一手間でできる、パンプディングはいかがでしょうか?

作り方は、まずは液体状のプリンに2~3センチ角に切った食パンを約1時間つけ込みます。

プリン液につけた食パンを耐熱容器に入れて、オーブンで10分焼きます。

これでできあがりです!

 

パンプディングは焼き立てでも、冷やして食べても美味しいですよ。

手軽で、しかもおうちにあるものでリメイク可能です。

 

このリメイクを知っていれば、プリンが万が一失敗しても心配ご無用です!

失敗を恐れず、チャレンジしてくださいね。

スポンサーリンク

ゼラチンなしプリンが固まらないときは冷凍庫もあり?

プリンを凍らせてみたことありますか?

プリンが固まらないなら、思い切って冷凍庫にINしてみるのもおすすめです。

プリンを冷凍して、アイスとして食べるのもありなんです!

 

プリンを2~3時間だけ冷凍庫で凍らせると、ぷるぷるの中にシャリシャリ感がある新感覚のカップアイスができちゃいます。

6~8時間しっかり凍らせれば、コクのある冷たいアイスキャンディに変身します。

プリンが固まらなかった失敗というよりも、むしろ失敗がうまく活かされて気分が上がりますね!

 

カフェオレやヨーグルト、イチゴ牛乳などを注いで凍らせることで、2層仕立てのアイスもできちゃいます。

子供たちと一緒に、チョコチップやカラースプレーなどでポップにトッピングしても楽しいですね!

出来上がったアイスを食べるときは、ちょっとした感動を味わえますよ。

ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

プリンが固まらない時の対処 まとめ

ゼラチンなしのプリンが固まらなければ、再加熱を試してみましょう。

もし固まらなかったとしても、大丈夫です。

ミルクセーキパンプディングに変えても、美味しく食べられます。

冷凍庫に入れて固めて、プリンアイスもGOODです。

 

うまく固まってキレイにプリンが出来たらベストですが、時には失敗もしますよね。

でも、その失敗も対処次第で、いくらでも楽しいものに変えられるんです。

成功すればOKだし、失敗しても違う楽しみ方が出来た!となれば意味がありますよね。

失敗から学ぶことって貴重ですよ。

 

ちなみに私もよく失敗しますが、良しとしてます。

失敗が逆に新たな発見や楽しさを生みますしね!(ただ、自分に甘いだけという話も…笑)

ぜひ、失敗を恐れず、プリン作りを楽しんでくださいね。

 

プリンに欠かせないカラメルソース作りもちょっと難しいですよね。

カラメルソースが固まってしまった時の対処方は、プリンのカラメルソースが固まる!さらさらにするコツは意外と簡単だった!で紹介しています。

プリンの材料のバニラビーンズがない場合、代用するとしたら何が良いでしょうか?

また、バニラビーンズなしでもおいしいプリンができるのかをバニラビーンズの代用は何がいい?カスタードやプリンはバニラビーンズなしでもできる?で紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました