ゼラチンの代用は寒天がベスト?それとも片栗粉?他に使えるものはある?

料理

ゼリーを作ろうと思ったら、家にあると思っていたゼラチンがない!

一番肝心なものがないなんてショック!

今家にある寒天、片栗粉、アガー、マシュマロ・・・どれかで代用はできないでしょうか?

 

もちろん代用できるもの、ありますよ!

ゼラチンの代用品になるものを比較して、どれがベストなのかを紹介します。

 

スポンサーリンク

ゼラチンの代用に片栗粉は使える?出来上がりの違いは?

料理でとろみをつける時に大活躍の片栗粉は、ゼラチンの代わりになるのでしょうか?

 

片栗粉は、熱を加えることで固まる性質を持っています。

つまり、冷やすと固まるゼラチンとは逆の性質なんですね。

 

ですから、片栗粉を使って固める場合は、材料と片栗粉を合わせて加熱し、固まってから冷やすという工程になります。

ただ、この作り方だと、ゼリーのように型に流して冷やし固めることは難しいです。

また、出来上がりは、とろみ程度の固さになり、しっかり形が定まりません。

ですので、ゼラチンの代用として片栗粉は、適してるとは言えません

 

残念ですが、片栗粉をゼラチンの代わりに使って、イメージ通りのゼリーは作れません。

片栗粉はあきらめましょう。

 

スポンサーリンク

ゼラチンの代用なら寒天?アガー?マシュマロ?どれがベスト?

片栗粉がダメなら、他の代用品を探さなくちゃですね!

もしも家に、寒天、アガー、マシュマロがあったとしたら?

それぞれ検証してみましょう。

 

寒天

結論としては、寒天はゼラチンの代用として使うことは可能です。

寒天はフルーツの酵素に強いので、特にフルーツゼリーを作るときには一番適した代用品です。

 

ただ寒天は、使う前に水に浸して戻したり、溶かすために時間がかかります。

食感は、羊羹のようなしっかり固めに仕上がります。

ぷるぷるフルフルな食感のゼリーを期待すると、何やら違ったものができあがります(笑)

寒天の特徴や上手に固める方法は、寒天が固まらないのは意外なアレが原因!?対処方とリメイク方法はコレ!を参考になさってくださいね!

 

アガー

アガーは、寒天よりは仕上がりがゼラチンに近いと言えます。

アガーも寒天同様、フルーツの酵素に強く、透明感があり無味無臭なので、素材の味を邪魔しません。

ただし、アガーは温度が高いうちに早く固まる性質があるので、手早く作る必要があります。

食感は、寒天と同様、固めに仕上がります。

アガーについては、アガーとは何?ゼラチンや寒天との違いは?代用するならどれがベスト?で詳しく紹介していますので、こちらも参考になさってください。

 

マシュマロ

意外かもしれませんが、マシュマロの原料はゼラチンです。

マシュマロをゼラチンの代用として使う場合は、マシュマロと材料をまとめて水で煮溶かして、ゼリーを作ることができます。

ただ、マシュマロはすでにかなり甘いので、ゼラチンの代わりに使う場合は、砂糖の量を減らしましょう

じゃないと、尋常じゃないほどの甘いゼリーができてしまいます。。

 

マシュマロは着色されているので、マシュマロをゼラチン代わりに使って作ったゼリーは、透明感は出ません

そのため、ムースやプリン、色の濃いゼリーに適しています。

 

ゼラチンのベストな代用品は・・・意外にもマシュマロ!

ゼリーを作るときゼラチンがなくて代用するなら、これらの中のどれがベストかといえば、個人的にはゼラチンが原料のマシュマロです。

まぁ、なにせ同じゼラチンなので(笑)

ただ、ゼリーの透明感を出すにはアガー、フルーツとの相性としては寒天も捨て難いところです。

 

マシュマロはゼラチンの代用に向いていますが、意外な落とし穴も…!?

マシュマロについては、マシュマロは太るって知ってる?カロリー低いから油断すると痛い目にも合わせてご覧ください。

 

スポンサーリンク

まとめ

ゼラチンがなかった場合、家にあるもので代用できるかを紹介しました。

残念ですが、片栗粉はゼラチンの代わりとしては使わないほうがよく、もしあれば、寒天、アガー、マシュマロから選んでください。

寒天、アガー、マシュマロには、それぞれゼラチンに似ているところと違うところがあります。

ゼリーの透明感を出したければ寒天かアガー、一番ゼラチンの食感に近くなるのはマシュマロです。

好みの仕上がりと食感でチョイスしてみてくださいね。

寒天、アガー、マシュマロがない場合は、ゼラチンを買いに行くことをおすすめします(笑)

タイトルとURLをコピーしました