アガーとは何?ゼラチンや寒天との違いは?代用するならどれがベスト?

料理

ゼリーのレシピを見ていたら、材料に「アガー」と書かれていました。

ゼリーの材料といえば、ゼラチンや寒天を使うのが普通だと思うのですが、アガーとはいったい何なのでしょうか?

 

アガーはゼラチンと同様、ゼリーやマンゴープリンを作るときに、液体を凝固させる材料です。

アガーと寒天やゼラチンとの違い、アガーの代用には何がよいのか、アガーはどこで買えるのかについて、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

アガーとは何?

ゼリー、ババロア、プリン、水羊羹、くず餅など、材料を混ぜて冷やして固めるデザートはさまざまありますよね。

それぞれのお菓子の特徴を活かすために、固める材料もそれぞれです。

最近は、アガーを使ったレシピも登場するようになりました。

 

アガーは、海藻と果糖類を原料にした自然凝固剤として使われている食品です。

寒天やゼラチンと同様、液体の材料を冷やして固める役割を果たします。

アガーが固まる温度は35〜60℃と比較的高いので、冷蔵庫に入れなくても固まるので、手早く作業が進みます。

 

アガーには海藻が使われていますが、磯っぽい香りや色はなく、透明感が高い仕上がりになります。

アガーを使った代表的なお菓子に水信玄餅がありますが、あの瑞々しさはアガーによって引き出されているんですね。

 

スポンサーリンク

アガーはゼラチンで代用できる?

ゼリーなどを作る場合、同じ液体を固める材料としてゼラチンが一般的に多く使われていますよね。

ゼラチンには動物性コラーゲンが使われているので原料は違うものの、アガーの代用になります。

ゼラチンが固まる温度も40℃前後とアガーに近いですし、食感が滑らかでアガーと同じく、透明感のある仕上がりになります。

ただし、ゼラチンはアガーに比べカロリーがやや高いことと、フルーツと一緒だと固まりにくい性質の違いがあります。

 

スポンサーリンク

寒天はアガーの代用になる?アガーの代用でベストなのはどれ?

冷やし固めるお菓子の材料としては、寒天もなじみがありますよね。

寒天は天草が原料の植物性で、カロリーはゼロ

寒天が固まる温度もアガーとほぼ同じなので、アガーと同じように使用できます。

アガーも寒天も果物の酵素に強いため、フルーツをふんだんに加えたデザートにはぴったりです。

 

ただし、寒天は溶ける温度が90℃と高いため、冷たいものを一気に合わせると分離してしまいます。

また、寒天を多く加えると、寒天独自の香りが強くなることがあります。

 

ゼラチンと寒天それぞれの長所と短所を比べると、どちらがアガーの代用としてベストなのかは、断定しかねるところです。

アガーのレシピだけど、アガーの代用としてゼラチンか寒天を使ってデザートを作る際には、どの材料と組み合わせるかで選択することがおすすめです。

・スッキリした喉越しや透明感を出したいときはゼラチン

・フルーツや存在感のある材料を加えるときは寒天

このように使い分けると、どちらもアガーの特徴に沿って代用を果たしてくれますよ。

 

スポンサーリンク

アガーどこで売ってる?

アガーは、私は近所のスーパーで見かけたことがないのですが、一体どこで買えるのか謎ですよね。

売っている店がないか探してみたところ、カルディコーヒーファームにありました!

 

こちらの「パールアガー」が、カルディのお店に置いてありました。

カルディ楽天市場店でも購入できます。(送料かかりますが…)

 

ネット通販なら、かんてんパパの「イナアガー」は、量も少なめで送料無料で購入できますよ。

頻繁にアガーを使うわけでなければ、お試しで少なめのものを購入するのがおすすめです。

 

スポンサーリンク

まとめ

アガーとは海藻と果糖類を使った凝固剤の一種です。

アガーは透明度が高く、果物の酵素にも強く、きれいな仕上がりになるのが特徴です。

アガーの代用にはゼラチンか寒天が適していますが、食感や材料で使い分けるといいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました