スーパーで買った解凍した魚は家で再冷凍できる!上手な保存方法は?

魚介類

スーパーでパック入りのサーモンの切り身とエビを買ってきたら、パッケージに「解凍」と書いてあります。

 

解凍品の魚やエビは、家の冷凍庫で再冷凍しても大丈夫なものなのでしょうか?

一度解凍されたものはダメなのかが気になります。

 

スーパーに並べられた解凍品の魚類は家で再冷凍できますが、注意が必要です!

スーパーの解凍された魚やエビの再冷凍方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

買ってきた解凍サーモンは再冷凍できる!上手な保存と解凍方法は?

解凍品のサーモンを家でもう一度冷凍しても良いのでしょうか

結論から言うと、冷凍しても大丈夫です。

 

回遊魚のサーモンは、季節によっては遠洋で捕獲し、すぐに冷凍して市場に出回るものがあります。

輸送の際の冷凍温度は、マイナス80℃からマイナス20℃と超低温です。

スーパーの店頭に並ぶ際は、カチカチに凍ったものをゆっくり冷蔵庫で解凍します。

しっかり管理された状態で解凍されるので、鮮度は保たれます。

 

だから、家で冷凍することが可能なんですね!

ただし、消費期限は1ヶ月以内を目安にして、なるべく早く食べましょう。

 

解凍品の魚を家で再冷凍する方法

家で冷凍する際は、まず魚の切り身の水分や血をキッチンペーパーでよく吸い取ります。

そして、切り身を一つずつラップで包み、しっかり空気を抜いた後、ジッパーバッグや容器に詰めます。

 

解凍するときはドリップが出やすいので、冷蔵庫や流水に入れてゆっくり溶かすと失敗が少ないです。

それでも解凍時にはどうしても旨味が流れる出るので、しょうゆなどの調味液に漬けた状態で冷凍するのもおすすめです。

こうすれば、状態の変化を極力抑えて、おいしく調理できますよ。

 

スポンサーリンク

買ってきた解凍エビは再冷凍できる?上手な保存と解凍方法は?

スーパーで売られている魚貝類では、解凍品であることが多いのはエビですよね。

解凍エビも冷凍保存することができますよ!

エビって、普通に買うと結構お値段が高いですよね。

なので、私は安い時にまとめて買って冷凍保存しています。

 

エビも遠洋地域で捕れるため、冷凍して輸送されることが多い魚介類のうちのひとつです。

冷凍エビを見ると、氷に包まれてカチカチになっていますよね。

これは、管理が悪いせいではなく、その逆で!

エビ自体を水で取り囲むことで、味落ちや身の縮みを防いでいるんです。

 

買ってきた解凍エビは、冷蔵庫の保存では1〜2日と長持ちしません

そこで、冷凍保存となるわけです!

 

解凍品のエビを家で再冷凍する方法

解凍エビの冷凍保存方法は、まずエビをきれいに洗い、水を張った容器やジッパー付き袋に入れて密封します。

エビは身が少なく旨味が流れやすいので、冷凍は繰り返さないようにしましょう。

 

そのためにも、もし大量のエビを冷凍する場合は、あらかじめ小分けにしてから冷凍するのがおすすめです。

こうすれば、エビの旨味を逃さず、1ヶ月ほど冷凍保存できます。

食べる時は、冷蔵庫や流水でゆっくり解凍してくださいね。

 

スポンサーリンク

まとめ:解凍品の魚も家で再冷凍できる

解凍された状態で買ってきた魚やエビは、再冷凍できます。

魚の切り身はしっかり密封冷凍、エビは水に浸けた状態で冷凍保存しましょう。

解凍する場合は、冷蔵庫や流水などでゆっくり溶かします。

魚はもともと傷みやすいので、丁寧な冷凍や解凍がポイントです。

 

これで、安売りのときに解凍品をまとめ買いできますね!

 

タイトルとURLをコピーしました