かぼちゃを冷凍するとべちゃべちゃでまずい!美味しく食べるコツは?

野菜・豆類

かぼちゃを1つ丸ごと買った時は、なかなかすぐに食べ切れませんよね。

そんな時は冷凍することが多いのですが、冷凍したかぼちゃを解凍するとべちゃべちゃになることもしばしば。

それだけではなく、なんだか味もまずくなるような気がします。

そこで、かぼちゃを冷凍するとべちゃべちゃになってしまう原因、上手な冷凍方法、それに美味しく食べる解凍方法や調理方法をご紹介します。

スポンサーリンク

かぼちゃを冷凍するとまずいのはなぜ?べちゃべちゃのカボチャを美味しく食べるには?

冷凍したかぼちゃがべちゃっとしてまずくなるのは、解凍する間に水分が出てしまうからなんです。

かぼちゃは固いので一見水分が少ないように思いますが、実は水分を多く含んでいるんですね。

冷凍したかぼちゃを解凍する時には、さらに水分だけではなく、どうしても旨味も出てしまうためにまずくなるわけです。

 

もし冷凍かぼちゃがべちゃべちゃになってしまった場合は、煮物には向きませんので、スープにして食べるのがおすすめです。

牛乳や水を加えればかぼちゃがべちゃっとしていても気になりませんし、コンソメやバターなどで味付けすれば旨味も補えますよ。

スポンサーリンク

かぼちゃをおいしい冷凍の仕方と冷凍保存期間は?

では、冷凍しても美味しいかぼちゃの冷凍方法はあるのでしょうか。

もちろん上手な冷凍方法はありますよ。

ただ、ちょっとコツが要ります。

生のかぼちゃ、かぼちゃの煮物、ゆででマッシュしたかぼちゃの冷凍方法と保存期間をご紹介しますね。

生のかぼちゃの上手な冷凍方法と保存期間

生のかぼちゃは買ったらすぐに種とわたを取り除きます。

種やわたが付いていると傷みやすいんですよね。

種やわたはスプーンなどでくり抜き、ペーパータオルで水分を拭き取りましょう。

水分がついていると、かぼちゃを解凍した時にベチャッとなってしまうんですね。

この水分を拭き取ることが上手な冷凍のコツです。

 

続いて、かぼちゃを使い道に合った大きさにカットします。

冷蔵庫のスペースの関係もあるので、かぼちゃを大きなまま冷凍することはあまりないと思いますが、冷凍する前にかぼちゃを切っておかないと冷凍した後が大変です。

 

ちなみに、丸ごとのかぼちゃを切るのは固くてすごく大変ですよね。

頑張って包丁を入れたものの、包丁がかぼちゃに刺さったまま動かなくなって、苦労したことが何度もあります。

そんな目に遭わないように、固いかぼちゃは電子レンジで1~2分程度加熱してみてください。

そうするとかなり切りやすくなりますよ。

 

使いやすい大きさに切ったかぼちゃは、1回に使う分ずつ小分けにしてラップに包みます。

ラップに包んだかぼちゃをさらにジップロックなどの密封保存袋に入れて、空気を抜いて冷凍庫に入れます。

こうしておけば、約2週間は冷凍保存できます。

かぼちゃの煮物の上手な冷凍方法と保存期間

かぼちゃの煮物を冷凍する場合は、できるだけ水分を飛ばして煮詰めた状態で冷凍するのがコツです。

水分が多い状態で冷凍すると、解凍するときに水分とうま味が流れ出てしまうんですね。

かぼちゃの煮物は、少し面倒ですが1切れずつアルミカップに入れて、ステンレス製のトレイかバットにのせて急速冷凍するといいですよ。

凍ったら、まとめて密封容器か冷凍保存バッグに入れて冷凍保存しましょう。

このように冷凍すれば、かぼちゃの煮物もあまり味を落とさずに保存できます。

冷凍保存期間の目安は2週間です。

マッシュしたかぼちゃの上手な冷凍方法と保存期間

マッシュしたかぼちゃは、生よりも簡単に美味しく冷凍できます。

茹でるか蒸してマッシュしたかぼちゃは、1回に使う量ずつ小分けしてラップに包みます。

ラップに包む時はなるべく平らな形状にすると、早く冷凍できて味が落ちにくいですよ。

ラップに包んだマッシュかぼちゃは冷凍保存袋に入れて、冷凍庫に保存します。

マッシュしたかぼちゃの冷凍保存期間も約2週間です。

スポンサーリンク

冷凍したかぼちゃの上手な解凍方法は?

冷凍したかぼちゃを使う場合ですが、生のかぼちゃは凍ったまま調理します。

一度解凍してから使うと、水分やうま味が出てまずくなるからです。

 

かぼちゃの煮物は、冷蔵庫に移して自然解凍します。

食べる直前にレンジで温め直すと美味しく食べられますよ。

 

マッシュしたかぼちゃ凍ったままポタージュやデザートに使いましょう。

マッシュしたかぼちゃは電子レンジで解凍することもできますが、加熱し過ぎると水分が飛んで、味や栄養が落ちてしまうんですね。

電子レンジで解凍する場合は加熱時間を少なめにして、様子を見ながら解凍するようにしてください。

スポンサーリンク

市販の冷凍かぼちゃを上手に調理するコツとは?

冷凍かぼちゃと言えば、市販の冷凍かぼちゃは安くていつでも手に入るので、赤ちゃんの離乳食やお弁当のおかずなどに便利ですよね。

私も時々使っていますが、気を付けないとべちゃっとしてしまいます。

市販の冷凍かぼちゃはすでに火が通っているので、煮物にする時は煮過ぎないのがポイントです。

冷凍かぼちゃは凍ったまま調味料と一緒に鍋に入れて、短時間で仕上げましょう。

ぐつぐつ煮こまないようにするのが、冷凍カボチャの調理のコツですよ。

スポンサーリンク

かぼちゃを冷凍するとまずい原因と対処法 まとめ

かぼちゃは水分を多く含んだまま冷凍すると、解凍した時に水分とうま味が出てしまい、べちゃべちゃになりまずくなってしまいます。

生のかぼちゃは種やわたを取り除き、水分を拭き取ってからカットして、ラップと密封保存袋でぴっちり密封して冷凍庫に入れましょう。

かぼちゃの煮物を冷凍する場合は、煮汁を残さないように水分を飛ばすまで煮詰めてから冷凍します。

かぼちゃをマッシュした場合は、生や煮物に比べると冷凍しても味が落ちにくいですよ。

冷凍した生のかぼちゃを使う時は、凍ったままの方が美味しく調理できます。

 

かぼちゃを冷凍せずにしばらく放置していると、皮や表面が白っぽく変化することがありますよね。

そんなかぼちゃはもう食べられないのかは、かぼちゃに白いカビ発見!もう食べられない!?食べたらどうなる?で紹介しています。

また、かぼちゃの表面にぶつぶつした固いものがくっついていることがありますよね。

あのブツブツが何なのかについては、かぼちゃの表面のブツブツの正体は何?食べても大丈夫なの?で紹介しています。

合わせてぜひチェックしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました