かぼちゃの表面のブツブツの正体は何?食べても大丈夫なの?

野菜・豆類

かぼちゃの表面に、ブツブツした「いぼ」のような「かさぶた」のようなものがついていることがありますよね。

このブツブツしたものの正体はなんなのでしょうか?

食べても身体に害はないのでしょうか?

 

かぼちゃの表面のブツブツしたものの正体と、食べても問題ないのか、なぜブツブツができるのか、そしてかぼちゃの皮が硬い原因をご紹介します。

スポンサーリンク

かぼちゃの表面のいぼのようなものは何?どうしてできるの?

かぼちゃの表面がいびつにデコボコしていたり、ボコッとした「いぼ」のようなものがあると、なにかの病気ではないかと不安になりますね。

しかし、この「いぼ」のようなものがあればあるほど、美味しいかぼちゃの証拠なんです。

 

収穫前、まだかぼちゃの実が小さいうちに皮が裂けたり、キズがつくと、内部を守るためにかぼちゃ自身が修復していきます。

その修復の跡がいぼとなり、表面をデコボコにしていくんですね。

 

また、かぼちゃは皮の状態で完熟しているかどうか、見分けることができます。

なぜかぼちゃの皮が裂けるかというと、かぼちゃの実が急に育って、熟していく速度に皮が耐えられなくなるからです。

 

かぼちゃの表面がでこぼこなものは、甘みが十分で美味しく、皮がツルっとしているものは、まだまだ若く甘味も足りません。

市場に出回っているものは、販売するために見た目を重視して、いぼが多いものはハネられたり、表面がツルツルできれいなうちに、早採りしてします。

しかし、甘くて美味しいかぼちゃが欲しいなら、デコボコがあるものを選ぶのが正解なんです。

あえて、デコボコなかぼちゃを探してみましょう!

スポンサーリンク

かぼちゃの皮のかさぶたのようなものは食べても大丈夫?

かぼちゃのかさぶたは「ガンべ」とも呼ばれていて、食べ頃を判断するときの合図になっています。

このかさぶたのようなもの自体は、何も問題はなく、食べても大丈夫です。

 

しかし、かさぶたやデコボコは、一度かぼちゃ自身が皮を修復した部分なので、より硬くなっていることがあります。

ですので、かぼちゃを割る時に、かさぶた部分に歯が立たないなんてこともよくありますよね。

食べても問題はないのですが、実際には硬くて、食感も良くないですよね、、

なので、私はかさぶた部分は切り落として食べるようにしています。

スポンサーリンク

かぼちゃの皮が硬い原因は?

かぼちゃの表面にできたいぼかさぶたのような部分も硬いですが、そもそも、かぼちゃの皮はかなり硬いですよね。

かぼちゃの皮が硬いのは、品質改良の結果なんです。

 

かぼちゃは夏に収穫し、秋、冬に食べることが多いですよね。

そのため、より長く日持ちするように、品種改良で皮の硬いかぼちゃが開発されたのです。

硬い皮が中の果肉をガードし、良い状態をキープするはたらきをしてくれます。

この硬いかぼちゃの皮のおかげで、もともとは夏の野菜であるかぼちゃが、冬至にまで美味しく食べられるようになりました。

 

かぼちゃの皮が硬すぎて包丁が入らない

そんなときは、かぼちゃを洗って、少し濡れた状態で軽くラップで包みます。

それを電子レンジに入れて、600wで5分程度チンします。

様子を見ながら、包丁が入りやすくなるように少し柔らかくなるまで温めると、ケガの心配もなく切り分けられますよ!

スポンサーリンク

かぼちゃの皮は捨てたらもったいない!栄養成分は?

そんな硬いかぼちゃの皮は、調理に時間がかかりますし、捨てて実だけを食べることが多いのでは!?

ところが、「かぼちゃは捨てるところがない」と言われるほど、栄養たっぷりな野菜なんですよ。

 

かぼちゃに含まれる5つの主要成分は、

・βカロテン − 眼精疲労に効果大
・食物繊維 − 腸内環境を整える
・ビタミンC − 老化、風邪防止
・ポリフェノール − 抗酸化作用、高血圧防止
・カリウム – 動脈硬化、取りすぎた塩分を外へ出す作用

こんなに栄養がある野菜なら、丸ごと食べたほうがいいに決まってる!(笑)

 

かぼちゃの皮まで食べたいときは、かぼちゃを圧力鍋で柔らかく茹でて、煮物にしたり、ポタージュスープにするのがおすすめです。

圧力鍋がないし、もっと手軽に食べたいときは、電子レンジで温めて皮を柔らかくしてから、細めの短冊形に切ると、かぼちゃの皮にも早く火が通りやすくなります。

それを素揚げにしたり、きんぴらにすると、皮まで美味しくたっぷり食べられますよ。

スポンサーリンク

かぼちゃの表面のブツブツの正体 まとめ

かぼちゃの表面のブツブツの正体は、皮に傷がついたときに、かぼちゃ自身が修復した跡でした。

実はかぼちゃの表面がツルツルのものよりも、デコボコしたり、いぼのようなものがあるほうが、おいしいかぼちゃなんですね。

もちろん、このかさぶたのようなものは、全く害があるものではないので、食べても問題ありません!

かぼちゃの皮にも栄養がたっぷりあるので、皮も食べるのがおすすめです。

皮が硬くて包丁で切るのが難しいときは、電子レンジで温めて柔らかくしてから切ってみてくださいね。

かぼちゃの皮や切り口に白いカビのようなものが見えることがありますよね。
そんなかぼちゃはもう食べられないのでしょうか?かぼちゃの白いものの正体については、かぼちゃに白いカビ発見!もう食べられない!?食べたらどうなる?で紹介しています。

こちらも合わせて是非ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました