ドーナツ生地は冷凍できる!上手な保存方法と解凍方法とは?

スイーツ

家でドーナツを手作りすることにしました。

思いのほかドーナツ生地の量が多く、揚げても一度に食べ切れそうにありません。

すぐに頭に浮かぶのは冷凍保存ですが、ドーナツは生地のまま冷凍できるのでしょうか?

それとも、揚げた後に冷凍したほうがいいのでしょうか?

気になりますよね。

 

そんなときは、ドーナツ生地を冷凍してしまいましょう!

実は、ドーナツ生地は冷凍保存できるんです。

 

こちらのページでは、手作りのドーナツ生地の保存方法やどれくらい日持ちするのか、冷凍した場合の解凍方法について紹介します。

 

スポンサーリンク

ドーナツ生地の上手な冷凍方法とは?何日保存できる?

ドーナツ生地を作り過ぎたときは、冷凍保存がベストです。

冷凍する場合は、成形して、ドーナツ生地をラップに包んで、ジッパーバッグに入れて密封します。

空気をしっかり遮断することで、冷凍庫のにおいが移ったり、霜が下りることなく保存できますよ。

この状態であれば、2週間から1ヶ月程度は、ドーナツ生地をおいしくキープすることができます。

 

ドーナツって、なぜか急に食べたくなりません?

たま~に、手作りの出来たてドーナツが無性に食べたくなって作るのですが、生地の準備工程が案外多いですよね。

だから、ドーナツ生地を少し多めに作って冷凍しておくと、急にくる「ドーナツ食べたい病」にも対応できて便利です(笑)

 

スポンサーリンク

冷凍したドーナツ生地を解凍するには?

さて、作り置き冷凍しておいたドーナッツ生地ですが、いざ食べるときはどのように解凍するのでしょうか?

 

冷凍したドーナツ生地は、成形されている生地であれば、わざわざ解凍する必要はありません。

凍ったままの状態で、160〜170℃の低めの油でゆっくり揚げていきます

 

この時注意したいのは、ドーナツ生地に霜がおりてしまった場合です。

霜がおりた状態のドーナツ生地を高温の油に入れると、霜が溶け、蒸気が一気に発生して爆発します。

これ、かなり危ないです。

 

油ハネが怖いし、大量に油を使いたくないときは、焼きドーナツはいかがでしょう?

油で揚げずに180℃のオーブンで焼いても、美味しく食べられますよ。

 

焼きドーナツの場合も解凍せず冷凍のまま焼いてもいいですが、天板に生地を並べ、常温で半解凍状態にしてから焼くと、焼きムラや生焼けが防げます。

こんがりいい色になったら楊枝などを刺して、中の焼き具合もチェックしましょう。

 

スポンサーリンク

ドーナツ生地は冷蔵庫で何日保存できる?

ドーナツ生地は2~3日であれば、冷凍せずに冷蔵庫でも保存できます。

ただ、ドーナツ生地は冷凍保存ではそこそこ長く保存できるのですが、冷蔵保存では2~3日が限界です。

というのも、ドーナツの生地は「生もの」なうえ、水分を多く含んでいます。

卵や牛乳などの材料は傷みやすく、カビも生えやすいからなんですね。

 

おいしいドーナツを作るには、ドーナツ生地を冷蔵庫で数時間〜1日寝かせる工程があります。

そうすると、材料がよく馴染み、風味が良く、仕上がりがきれいなドーナツになるんですね。

さらに数日冷蔵庫で保存する場合は、ドーナツ生地はにおいが移りやすいので、冷凍保存するときと同じく、しっかり密封しましょう。

 

スポンサーリンク

ドーナツ生地はどうすればくっつかずに保存できる?

ドーナツ生地を保存する際に困るのが、ラップにくっつくことです。

これが結構悩ましいんですよね。

 

外はカリッと、中はふわっとしたドーナツを作るには、生地にある程度水分が必要です。

水分が多めの生地は、作り立てはかなり柔らかく、指につきやすいですよね。

特に、絞り出しドーナツの生地は柔らかく、保存するにはベタついて扱いにくいです。

 

ドーナツ生地がラップにくっつかずに保存するコツは、まずは、生地が出来たら成形せずにラップをして冷蔵庫、または冷凍庫である程度固くなるまで冷やすことです。

扱いやすい状態になるまで冷やし固めてから手に粉をつけて、麺棒で生地を伸ばし、素早く成形します。

もし手の温度で生地がダレたときは、再び冷蔵庫か冷凍庫で冷やし固めましょう。

 

少し面倒ですが、冷凍保存する場合は、柔らかい生地を無理に成形するのは避けたほうがいいですよ。

生地に触りすぎるとグルテンが出過ぎて、揚げるとずっしり重いドーナツになってしまいます。

どうしてもベタつく生地は、クッキングシートの上で成形します。

さらに上からクッキングシートをかぶせ、クッキングシートで上下挟んでからラップに包むと、くっつきにくいですよ。

 

ちなみに、我が家はあまり形にこだわらないので、1口サイズの丸形にして冷凍保存しています。

その方があまり手が汚れずに、ストレスなく保存作業ができるからです。

自分だけで食べるなら、見た目もあまり関係ないので、面倒くさがり屋の方にはおすすめです(笑)

 

スポンサーリンク

ドーナツ生地は冷凍できる 保存方法まとめ

作り過ぎてしまったドーナツ生地は、冷凍保存することができます。

冷凍すれば、2週間~1ヶ月ぐらいは保存可能です。

冷凍したドーナツ生地は、解凍せずに凍ったまま揚げたり、焼いたりできますよ。

2、3日以内に食べるのであれば、冷凍せずに、冷蔵庫で保存することもできます。

ドーナツ生地はにおいがつきやすいので、冷凍でも冷蔵でも、空気に触れぬようにしっかりと密封しましょう。

タイトルとURLをコピーしました