デーツの食べ過ぎは体に悪い!?栄養成分と一日の適量をチェック

フルーツ

デーツはとても栄養価が高く、優れた食品であることはご存じでしょうか。

ですが、日本ではまだまだあまり一般的でははありません。

・デーツは食べ過ぎると体に悪いのではないか?

・デーツはどのくらいが適量なの?

・デーツにはどんな栄養が含まれているの?

など、デーツについて知らないことも多いですよね。

そこでこのページでは、デーツは食べ過ぎると体に悪いのか、デーツの栄養成分、一日の適量、デーツを食べるタイミング、デーツをおいしく食べる方法についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

デーツを食べ過ぎるとどうなる?一日の適量はどれくらい?

デーツはナツメヤシという木の実です。

原産は、ペルシャ地方です。

デーツは「砂漠で育つ生命の木」も言われているほど栄養成分が抜群で、砂漠民の栄養源となっています。

栄養がギュッとつまっているからこそ、食べ過ぎには注意が必要なんですね。

 

デーツは1日3~5粒が適量とされています。

 

デーツを一度に食べ過ぎると、デーツに豊富に含まれているマグネシウムの効果でお腹が緩くなったり、カロリーや糖質が多いので太りやすくなります。

栄養がいっぱい摂れるし、手軽に食べられるので、ついたくさん食べてしまいがちです。

ですが、デーツは適量を守って食べるようにしたほうがいいですね。

 

スポンサーリンク

デーツのカロリーや糖質、栄養成分をチェック!

デーツの栄養面やカロリーについて、詳しくチェックしておきましょう。

 

デーツのカロリー

デーツのカロリーは、100g当たり266kcalです。

1粒はだいたい4gとして、約10kcal。

1日の目安量は3~5粒なので、1日30~50kalくらいが理想です。

デーツは3粒でも、約30kcalあるのですね。

気にせずたくさん食べると、カロリーオーバーになってしまいます。

 

デーツの糖質

デーツの糖質は、1粒約2.6gです。

3~5粒だと、10g前後になります。

少ない量でもしっかり糖質が含まれているので、糖質にも気を付けたほうがよさそうです。

 

続いては、デーツに含まれている豊富な栄養素についてチェックしましょう。

 

食物繊維

乾燥デーツ100gあたり、食物繊維は7mg含まれています。

食物繊維は便秘解消に効果的です。

 

カリウム

デーツには、水分代謝の働きを助け、むくみを改善するカリウムも含まれています。

 

鉄分

乾燥デーツ100gあたり0.8gの鉄分が含まれています。

鉄分同様、貧血対策になる葉酸も、19μg含まれています。

 

マグネシウム

乾燥デーツ100g当たり60mgのマグネシウムが含まれています。

マグネシウムは、糖質の代謝を助けたり、排泄を促す作用があります。

 

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB5

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変換するはたらきがあり、代謝がアップします。

ビタミンB2は、美肌効果や脂質の燃焼を促すはたらきがあります。

 

カルシウム

デーツにはカルシウムも豊富に含まれているので、イライラしたときなどのストレスを軽減するのにも良いですよ。

 

このように、デーツにはたくさんの栄養素がぎゅっと詰まっているのですね。

それだけ健康効果が高いと言われるのも頷けます。

 

スポンサーリンク

デーツを食べるタイミングはいつがいいの?

適量を守って食べれば、デーツは食べない手はないほど栄養効果が高いことがわかりました。

では、デーツを食べるタイミングはいつがいいのか、理想的な食べ方が気になりますよね。

 

一度に3粒食べるよりも、分けて食べたほうがデーツの栄養効果をより得やすいです。

そこで、1日3粒を3回に分ける食べ方をご紹介しましょう。

 

朝起きて1粒食べる

実はデーツを一番効果的に摂るのは朝が良いんですね。

デーツで豊富な栄養素をバランス良く摂れます。

1日の活力が必要な朝は一日を左右しますよ。

朝にしっかり栄養が摂れることで、一日を元気に過ごせます。

そのまま食べても良いですし、ヨーグルトやサラダにトッピングするのもおすすめです。

 

昼間のおやつに1粒食べる

ランチの後でもいいですし、午後のおやつの時間に1粒食べます。

特にデーツはナッツとの相性がばっちりです。

ナッツと一緒に食べることで、栄養価も高くなります。

 

夜の入浴前に1粒食べる

この「入浴前」というのがポイントです。

入浴前にデーツを摂ることで、デーツに含まれる鉄分のはたらきで代謝がUPすると言われているんですよ。

 

それ以外にも

・風邪を引いてしまって、体調がすぐれない

・忙しくて食事をきちんと食べる時間がとれない

・疲れを感じたとき

こんなときにも、デーツは即効性が高いので、エネルギー補給に適しています。

 

スポンサーリンク

デーツのおすすめの食べ方は?

そのままでも食べられるデーツですが、味が濃厚なので、そのままだと食べにくいと感じるかもしれません。

 

そこでおすすめの食べ方は、

・ヨーグルトに混ぜる

・中にクリームチーズを入れて食べる

・ナッツと一緒に食べる

です。

 

デーツをおいしく食べるポイントは、「甘み+塩っ気」です。

甘みのあるデーツに塩っ気をプラスすると、味のバランスも良く美味しく食べやすいですよ。

ぜひ試してみてください。

 

スポンサーリンク

デーツは食べ過ぎると体に悪い!?まとめ

デーツは、豊富な栄養素を含む木の実です。

栄養があるからと言って、たくさん摂るのはNG。

カロリーや糖質が高めですし、下痢などの症状が起こる可能性もあるので、1日3粒程度に決めて食べるようにしましょう。

 

デーツの栄養を効果的に摂るには、朝・おやつ・入浴前の3回に分けて、1粒ずつ食べるのが理想的です。

また、すぐにエネルギーになってくれるので、体が疲れたときに食べるのもおすすめです。

 

デーツはとても甘いので、塩味を少しプラスすると食べやすくなりますよ。

栄養価の高いデーツだからこそ効率よく摂取しましょう。

タイトルとURLをコピーしました