クリープの賞味期限が謎!開封後はいつまで飲める?飲んで良いか見分ける方法

飲み物

コーヒーに使うクリーミングパウダーのクリープ。

クリープを開封した後、どれくらいまで使えるのか賞味期限が気になっていました。

パウダーなので結構長持ちするのかなぁ~と思いきや、瓶の中に固まりができていることもあります。

 

クリープは開封後いつまで飲めるのか、飲んで良いかの見分け方や上手な保存方法、未開封のクリープが賞味期限を過ぎた場合に使って良いかについて、紹介します。

 

スポンサーリンク

クリープの賞味期限 開封後はどれぐらいまで飲める?飲んで良いか見分ける方法は?

クリープは、開封後は約1ヶ月ほどで使い切るのが理想です。

メーカーサイトにも書かれています。

 

ただ、クリープの粉は湿気や高温に弱いので、保管状態が悪いともっと早く劣化することがあります。

クリープに含まれている糖類が一度溶けると、結晶化して固まり、元のサラサラな状態に戻りにくくなります。

クリープが固まってしまうと、熱湯を注いでもなかなか溶けないんですよね。

 

通常、クリーミングパウダーは原材料に植物性油脂を使ったものが多いですが、クリープは乳製品でできています。

CMでも、「クリープは乳製品でできています」とアピールしていますよね(笑)

そのため、クリープはデリケートなので、保管には気をつけないとダメなんですね。

 

もし湿気を含んだ状態でクリープを置いておくと、だんだんホコリっぽい匂いがしてきたり、カビが生えたり、変色したりすることがあります。

こうなったら、開封後1ヶ月以内でも使うのは諦めましょう。

 

スポンサーリンク

クリープは湿気が大敵!上手な保存方法は?実は冷蔵庫はNG!

クリープを使う時は必ず乾いたスプーンを使うようにします。

また、クリープを開封したら、瓶の内側に貼られているシートはきれいに剥がしておきましょう

 

この内側に貼ってあるシートは、なんとなく中身を保護してくれるような気がして、残しちゃったことありませんか?

私は実経験があるんですけれど、シートを完全に剥がさずに残しておくと、シートがだんだん外ぶたに噛んでいって、蓋を閉めてもしっかり閉まっていない状態になるんです。

閉めてるような気がするのですが、実際は隙間が開いちゃって逆効果という(笑)

なおで、この内側のシートは完全に剥がすほうがいいですよ。

インスタントコーヒーの瓶も同じことが言えます。

インスタントコーヒーの賞味期限については、インスタントコーヒーが賞味期限切れ!いつまで飲める?活用方法は?で紹介しています。
合わせてチェックしてみてくださいね!

 

クリープを使った後は、毎回しっかり蓋を閉めて冷暗な場所に保管しておきましょう。

冷暗所と聞いて、真っ先に冷蔵庫が頭に浮かぶかもしれませんが、冷蔵庫保管は出し入れの時に

結露が出て、これも湿気を吸う原因になります。

なので、クリープは常温保存がオススメですよ。

 

スポンサーリンク

クリープの賞味期限が切れていた!未開封の場合どれくらいまで飲める?

クリープの賞味期限は、製造日から1年です。

消費期限は賞味期限の1.1倍〜1.2倍の長さと決められているので、消費期限は、賞味期限プラス1〜2ヶ月です。

つまり、未開封であれば、賞味期限の日付から1〜2ヶ月過ぎていても使えることになります。

 

ただし、たとえ未開封であっても保管状況によっては、瓶の中でクリープが溶けたり固まって、品質劣化が起きている場合もあります。

まだ開けてもいないし、賞味期限前なので大丈夫だろうと思っていざ開けてみたら、ガチガチに固まっていた…なんてこともありえます。

もし色が変わっていたり、変な匂いがしたり、極度にかたまりが多い場合は、使用を避けた方が良いです。

 

クリープは固まってしまうと、熱湯でも溶けにくくなります。

使えるかどうか確かめるには、少量をお湯で溶かしてみましょう。

溶けにくかったり、ダマができたり、白く分離するようなら、劣化している証拠です。

少量なら体に影響はありませんが、劣化したクリープは風味が落ちて、おいしくありません。

私ならそんなクリープは無理に使わず、諦めて牛乳を入れますね。

その方がコーヒーの香りを邪魔せず飲めますし…

 

クリープの瓶の容器は、高温多湿に耐えるようにできていますし、賞味期限内はいちおう保証されているものの、未開封でも保管するときには適切な場所を選びましょう。

ちなみに、個包装されているスティックタイプのクリープは、意外にも熱に弱いです。

長い間放置していたスティックタイプのクリープを開けたら、チーズのような匂いがしたと言う話を聞いたことがあります。

スティックタイプのクリープは、外箱を開けてバラで保管できるように、スティックそれぞれに賞味期限が印字されています。

賞味期限切れのクリープは、使う前に様子をしっかりチェックしてから使うようにしましょう。

 

スポンサーリンク

クリープの賞味期限 まとめ

クリープは開封後の賞味期限は、1ヶ月が目安です。

ただし、1ヶ月経過する前でも、変色や極度に固まってしまった場合は使わない方がよいです。

 

未開封のクリープは、賞味期限を1~2ヶ月過ぎても使うことはできます。

ただし、未開封であっても、高温多湿の場所に長く置いておいた場合は、中身が劣化している場合があります。

劣化していると、熱湯でも溶けにくくなるので、まずは熱湯に少量溶かしてチェックしてみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました