さつまいもは生で食べるのは危険!?安全な食べ方や栄養を紹介!

野菜・豆類

さつまいもは天ぷらにしても、煮物にしても、焼き芋にしても美味しいですよね。

火を通すことでホクホクになり、甘味も増して、一層おいしくなる気がします。

 

実はこのさつまいも、生でも食べられると聞きましたが、果たして本当でしょうか?

・さつまいもは生で食べても大丈夫なのか

・生のさつまいもに毒性はないのか

・さつまいもは生で食べると栄養価は高くなるのか

・生で食べる場合はどんな食べ方をすればいいのか

ご紹介します。

スポンサーリンク

さつまいもは生で食べられるの?

結論から言うと、さつまいもは生で食べられます

日本ではあまりポピュラーな食べ方ではありませんが、韓国では、普通に生のさつまいもを食べているそうですよ。

私の祖母も「さつまいもを生で食べると栗みたいで美味しいよ」と言っていました。

 

ただし、生のさつまいもはあまり消化が良くありません。

そのため、さつまいもを生で食べると、稀に腹痛や下痢の原因になることがあるのです。

ですので、お腹の弱い人や小さな子供は、サツマイモを生で食べるのはやめておいたほうがいいですね。

 

新鮮なさつまいもは栗のようなコリコリした食感がありますが、味は火を通さないと甘みが少ないです。

また、さつまいもはアクが強いものもあるので、水にさらしてアク抜きをする必要があります。

さつまいもは鮮度が落ちるとアクが強くなるので、生で食べる場合は新鮮なさつまいもを選ぶようにしましょう。

 

こちらは、生食にも向いているパープルスイートロードという品種です。

もし初めて生でさつまいもを食べてみるのなら、このような無農薬のさつまいもを新鮮なうちに食べるのがおすすめです。

パープルスイートロードは紫色がとてもきれいなので、料理も映えそうですよね!

スポンサーリンク

さつまいもには毒があるの?

じゃがいもの芽には毒があるので、同じ芋類のさつまいもにも毒性があるのでは?と思うかもしれませんが、さつまいもには毒性はありません

むしろさつまいもの芽には、食物繊維ビタミンカロテンが含まれていて栄養豊富です。

同じ芋でも、さつまいもは安心して食べられるのは嬉しいですよね。

スポンサーリンク

さつまいもは生で食べるほうが栄養価が高い?

さつまいもにはビタミンCが豊富に含まれています。

一般的にビタミンCは、熱を加えると減ってしまいます。

だったら、さつまいもも生で食べたほうがビタミンCはより多く摂れるの!?と思いきや、さつまいもにはでんぷんがたっぷり含まれています。

このでんぷんのおかげで、加熱してもビタミンCが減らずに済むのです。

そのため、さつまいもは生で食べても加熱しても、栄養価はほとんど変わらないのですね。

ちなみに、紫芋や紅芋など紫芋の品種には、抗酸化物資のポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれています。

スポンサーリンク

さつまいもの生の食べ方は?

では、さつまいもを生で食べる場合のおすすめの食べ方をご紹介します。

さつまいものサラダ

さつまいもをよく洗って、皮付きのまま千切りにします。

10分程度水にさらしてアク抜きし、マヨネーズかドレッシングで和えるだけで完成!

シャキシャキとして歯触りがいいですよ。

さつまいもスティック

さつまいもをよく洗って、皮付きでスティック状に切ります。

10分ほど水に浸けてアク抜きします。

ニンジンやプチトマトなど好みの野菜とマヨネーズを添えましょう。

ヘルシーなので、ダイエット中のおやつにもおすすめです。

さつまいもキムチ

さつまいもの皮をむき、食べやすい長さの千切りにします。

10分ぐらい水に浸けてアク抜きします。

斜め切りにした青ネギとさつまいも、キムチを混ぜれば出来上がりです。

いつもと違ったキムチになりますよ。

さつまいも入りスムージー

さつまいもと、キウイ、バナナ、牛乳、はちみつを一緒にミキサーに入れて混ぜるだけです。

フルーツと組み合わせると飲みやすくなります。

好みのフルーツで自分だけのオリジナルスムージーを作るのも楽しいですよね。

スポンサーリンク

さつまいもを生で食べる時に注意すべき点は?

さつまいもを生で食べる場合は、しっかりアク抜きするのがポイントです。

皮が気になる場合は、皮を厚めに向くと生で食べやすくなりますよ。

 

できれば生食用の新鮮なさつまいもを選びましょう。

無農薬のさつまいもなら、さらに安心です。

 

新鮮なさつまいもの特徴

・皮の色が鮮やか
・つやがある
・見た目がふっくらしている
・ひげ根の穴が浅い

です。

購入後、できるだけ早く、新鮮なうちに食べるようにしてくださいね。

スポンサーリンク

さつまいもは生で食べられる まとめ

さつまいもにはじゃがいものような毒性はありませんので、生でも食べられます。

ただし、生のさつまいもは消化しにくいので、おなかの弱い人や小さな子供に食べさせるのはおすすめしません。

 

さつまいもは生でも加熱しても、栄養価はほぼ変わりません。

さつまいもを生で食べるなら、サラダやキムチ、スムージーなどがおすすめですよ。

生食用の新鮮なさつまいもをよくアク抜きして使ってくださいね。

さつまいもは生で食べられるとはいえ、やっぱり焼き芋はおいしいですよね(笑)
焼き芋の賞味期限については、焼き芋が腐ってるかもと思ったときの見分け方!賞味期限も確認しておこう!をぜひ参考になさってください。
タイトルとURLをコピーしました