生チョコを冷やす時間はどれくらい?固まらないときのベストな対処法は?

スイーツ

生チョコを手作りしたとき、最後に生チョコを冷やす工程がありますよね。

生チョコは少し柔らかい食感がおいしいので、冷やしすぎると固くなってしまいそうで、どれぐらい冷蔵庫で冷やせばいいのかが、いまいち謎です。

あと、冷やしても生チョコが固まらないのは、冷やす時間が足りないせいなのかも気になります。

 

そこで、生チョコを冷やす時間はどれくらいが良いのか?生チョコが柔らかすぎて固まらない場合の対処方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

生チョコを冷やす時間はどれくらい?冷凍庫に入れるのはあり?長く冷やしすぎるとどうなる?

生チョコは少し半生くらいの状態がベストですよね。

つまり生チョコはカチカチになるまで固める必要はないので、それほど冷やす時間はかかりません。

 

だいたい3〜4時間冷蔵庫に入れて冷やせばOKです。

冷蔵庫に入れるときは、できれば冷蔵庫内の温度を弱めに設定できれば、なお良いです。

 

チョコレートはデリケートなので、急激に温度を下げて早く固めようとすると、乾燥したり、ガチガチに固まりすぎたりします。

ですから、急いでいるからといって、冷凍庫に入れて冷やし固めるのはあまりおすすめできません。

また、冷凍するとつく霜や乾燥は、チョコレートの質を劣化させます。

 

生チョコは長時間冷やしすぎると固くなり、食感が悪くなったり、ほかの食品の臭いが移ったりします。

私は長時間生チョコを冷蔵庫に入れっぱなしにしておいたせいで、乾燥して普通のチョコみたいにカチカチになって、もはや生チョコではなくなったことがあります。

 

生チョコを作ったときに固めるために冷蔵庫で冷やす場合、においの強い食品とはなるべく離して、冷やす時間は一晩までとしましょう。

 

スポンサーリンク

生チョコを冷やす時間を短縮するには?

生チョコを急いで冷やしたいとき、頭にパッと浮かぶのは冷凍庫。

冷凍庫で急速に冷やすのが手っ取り早いと思いがちですが、ちょっと待った~!

 

先ほどもご紹介しましたが、生チョコを急に冷やすと質が落ちてしまうので、なるべくなら冷凍庫は避けたほうがいいんですね。

どうしても固まらない時や時間がない時に限って、冷凍庫に入れるのは1時間以内を目安にしましょう。

 

生チョコは、冷蔵庫に入れるときのちょっとした工夫や材料の比率を変えることで、固める時間を短縮することができます。

 

粗熱をしっかりとる

まずは、生チョコの材料をしっかり混ぜ合わせて型に流したら、粗熱をしっかり取ることです。

まだチョコレートが熱いまま冷蔵庫に入れると、冷蔵庫の中が設定温度より上がってしまうので、かえって時間短縮の妨げになります。

 

小分けにする

小分けにして冷やすという方法もあります。

生チョコは冷やしてから切り分けますが、大きな容器に大量にチョコを流し入れて冷やすには、それなりに時間がかかります。

それを小さい型に流していくつかに分けてから冷やせば、その分時間短縮になりますよね。

(ちょっと面倒かもしれませんが)

 

冷やした金属トレーに置いて冷やす

早く冷やすための工夫として、金属製トレーをあらかじめ冷蔵庫で冷やしておき、その上にチョコレートを置きます。

トレーが冷えているので、冷蔵庫に入れてからすぐにチョコレートは冷やされ固まりはじめます。

 

ただし、トレーを冷やしすぎると冷蔵庫の温度とのギャップが生じて、底の方に温度差による層ができてしまいます。

ですので、トレーは冷凍庫で冷やさないようにしてくださいね。

 

チョコレートの比率を多くする

生チョコはチョコレートの比率が高いと、固まりやすくなります

加える生クリームの量を減らすと、味はややビターになりますが、早く固まりますよ。

生クリームなしの生チョコを作る場合は、生クリームなしの生チョコ 牛乳の比率は?固まらないときの対処法は?を参考になさってくださいね。
スポンサーリンク

生チョコが柔らかすぎる原因は?どうすれば固まる?

なかなか生チョコが固まらないのは、チョコレートの脂肪分が固まりにくくなっているからです。

また、生クリームを多く混ぜると、生クリームに含まれる水分によっても固まりにくくなります。

チョコレート: 生クリームは、2:1がベストな比率です。

 

柔らかすぎて冷やしても固まらない生チョコは、混ぜられる程度に湯煎して柔らかくして、攪拌します。

なめらかになれば、別で36~37℃ぐらいに湯煎したチョコレートを少しずつ加えていきます。

ちょっと計るのが難しいかもしれませんが、チョコレートと生クリームの割合が2:1になるくらいにチョコレートを加えていきます。

 

この時、湯煎で使ったお湯がチョコレートに混ざるとまた固まりにくくなるので、お湯がチョコに入らないように十分注意してくださいね。

チョコレートの比率が増えれば、生チョコは固まりやすくなりますよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

生チョコを冷蔵庫で冷やす時間は、3~4時間が目安です。

急激に冷やすとチョコレートの質が劣化するので、冷凍庫に入れる時間は1時間程度にしましょう。

早く冷やしたい場合は、小分けしたり、冷やしておいた金属トレーに乗せて冷やす方法があります。

また、生クリームの比率が多いと固まりにくくなるので、チョコレートの比率を少し多くすると固まりやすくなりますよ。

タイトルとURLをコピーしました