めんつゆは腐るとどうなる?見た目やにおいで見分ける簡単な方法はコレ!

調味料・スパイス

そうめんやひやむぎを食べるのによく使っためんつゆ

涼しくなって、冷たい麺を食べる機会が少なくなってしばらく放置していたら、なんとなく前よりもドロッとしているような気がします。。

もしかして、めんつゆが腐ってしまったのでしょうか!?

 

ということで、めんつゆが腐るとどうなるか簡単な見分け方と、もしも腐っためんつゆを食べてしまったらどうすればよいのか、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

めんつゆは腐るとどうなるかの見分け方  見た目やにおいの変化に注意

めんつゆの原料である醤油や砂糖は、もともと長期保存に耐える材料です。

でも、ストレートタイプのような、すでに水で薄めてあるタイプは、その水が早く腐らせる原因になります。

 

めんつゆが腐った時のシグナルは、

・どろっとしたかたまりが出てくる
・ビンの下の方に白い沈殿物が溜まる
・ガスが発生する
・強いアルコール臭や酸っぱい臭いがする
・フタや注ぎ口がカビる

です。

 

発酵調味料の醤油は、発酵が進むと同時にガスを発生させます。

しかしそれが強くなると、食べるには刺激が強い状態になります。

フタを開けると炭酸飲料のようにプシュっと音がして、味も少し舌を指すような刺激があります。

 

また、タイプ別に腐り方に差があります。

 

ストレートタイプは水分が多く、保存料の役割をする醤油などの割合が少ないので、早い段階で腐ります。

開封後は冷蔵庫に入れ、すごく早いのですが2〜3日で使い切るのが理想です。

 

反対に、濃縮タイプのめんつゆは濃ければ濃いほど腐りにくく、日持ちします。

開封後、冷蔵庫で保存することを条件に、2倍濃縮なら開封後2週間、3倍以上濃縮なら1ヶ月は持ちます。

 

あまり日常的にめんつゆを使わないのであれば、濃縮度合いが高いタイプを買うといいですよ。

 

スポンサーリンク

腐っためんつゆを食べるとどうなる?

めんつゆが腐りかけてくると、雑菌などの侵入によってどろっとした塊ができたり、表面に膜がはります。

しかし、ボトルを軽く振ってしまうことで、それらが液体の中で混ざり合い、パッと見はサラサラなめんつゆに戻ることがあります。

見た目には腐っていることに気がつかずに、腐っているめんつゆを食べてしまうことがあります。

 

うっかり腐っためんつゆを食べてしまうと、運が悪ければ、ひどい時は数時間後に腹痛、下痢や嘔吐をもよおします。

いわゆる水あたりの症状が出ます。

 

身体の中から原因の菌を出してしまえば、症状は1〜2日で収まります。

腐っためんつゆを食べたと気づいた段階で、なるべく多く水を飲んでおき、様子を見ましょう。

 

もしも水あたりの症状が出たら、悪いものはなるべく体内から早く排出したほうが良いです。

ですから、辛い思いをしますが、下痢止めや吐き気どめの薬は飲まずに我慢したほうが、早く快方に繋がります。

嘔吐や下痢をすると脱水症状が起こり、体も弱りやすいので、症状が収まるまでは、水分をこまめに摂って安静にしていましょう。

 

ただ、もしも高熱や体の痛みが出た場合は、病院に相談したほうが良いと思います。

私は、腐っためんつゆを使ったわけではなかったのですが、ひどい食中毒にかかったことがありまして。。

丸2日間寝込むことになり、38度以上の熱が出たので、病院に行って、点滴をしてもらった経験があります。。

病院では、体内の毒素を排出すれば治ると言われましたが、あまりにフラフラなので点滴を勧められて、かなり楽になった記憶があります。

 

スポンサーリンク

めんつゆはカビることもある!原因は?

腐っためんつゆがどろっとしたり、白い沈殿物はカビができた証拠です。

そして、めんつゆがカビる原因は、その水分です。

めんつゆを開封後、外気から雑菌が入り込むと、水がそれらを取り込みやすいからです。

水分と結びついた雑菌が根を張って、カビを作ります。

 

もともとめんつゆの原材料の醤油や砂糖などは、保存料の役割を果たすので、長期保存を可能にします。

しかし水分が加わると、醤油や砂糖のもつ保存料の効果が薄まってしまい、カビを作りやすくするんですね。

ですから、ストレートタイプのめんつゆは、水分が多くカビやすく、濃縮タイプは水分が少ないので、カビの発生が比較的遅いです。

ストレートタイプは、そうめんなどのつけ汁としてそのまま使えて便利ですが、できるだけ長く保存したければ、濃縮タイプのほうがおすすめですよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

めんつゆが腐ったときは、見た目にはどろっとした固まりができたり、アルコール臭や酸っぱいようなにおいがしてきます。

ストレートタイプは水分が多く含まれているので、水分が雑菌と結びつき、腐ったりカビが生えやすくなります。

なるべく長く日持ちをさせたければ、ストレートタイプよりも濃縮タイプのほうが適していますよ!

タイトルとURLをコピーしました