ラフランスの傷みの見分け方のポイントは3つ!腐るとどうなる?

フルーツ

完熟で食べるのが美味しいラフランスですが、完熟を通り越して熟れすぎてしまったなんてことありませんか?

熟れすぎたラフランスが、腐っているのか食べられるのかわからない…

そんなときのために、この記事ではラフランスの傷みの見分け方とラフランスが腐るとどうなるのかをご紹介します。

柔らかくなりすぎたラフランスを無駄なく美味しく食べる方法も必見です。

 

スポンサーリンク

ラフランスは腐るとどうなる?傷んでいるか見分け方は?

ラフランスが腐るとどうなるのか、傷んでいるかを判断するポイントは3つあります。

 

表面にカビが生えている

ラフランスの皮の表面に、黒いボツボツや白い綿毛のようなものが現れることがあります。

これはカビが生えている状態ですので、残念ですがもう食べられません。

 

異臭がする

ラフランスは本来は甘い良い香りがしますよね。

それが、鼻につくようななんとも言えない不快なニオイがしたら食べないほうがよいでしょう。

 

指で押して、潰れてしまうほどやわらかい

ラフランスは熟すにつれ、やわらかくなるので、指で少し押してへこむ程度は食べ頃です。

ですが、少し押しただけで崩れたり、潰れたりするほどであれば、腐る一歩手前です。

やわらかいだけであれば、まだ食べることは可能ですが、あまりおすすめしません。

心配であれば、止めておきましょう。

 

スポンサーリンク

ラフランスが変色した場合は食べられるの?

ラフランスの完熟度は、お尻の色で判断することもできます。

通常の未熟なラフランスの持つ白っぽい色が黄色みを帯びて、茶色に変色し始めたら完熟している証拠です。

したがって、ラフランスの皮の色がこのように変わった場合は、食べてもOKです。

むしろ、食べ頃と言えます。

 

また、完熟したラフランスを切ってみると、果肉が茶色っぽく変色していることがあります。

ぐちゅぐちゅに崩れるほど柔らかくなっていない限りは、完熟のサインなので、食べることはできますよ。

ぶつかったところも変色しますが、気になるようであれば、茶色い部分だけを切り落として食べると良いですよ。

 

一方、ラフランスは包丁で切ったあとは、果肉が空気に触れることで変色しますよね。

この変色を抑えるには、レモン水が効きます。

あらかじめポッカレモン100%を少し入れたレモン水を用意し、切ったラフランスをくぐらせておくと防げます。

レモン水以外では、砂糖水や塩水でも同じ効果があります。

砂糖も塩も同じ効果って、ちょっと面白いですよね。

もしお菓子づくりに使うラフランスであれば、レモン水や塩水よりも砂糖水が良いでしょう。

そのまま食べる場合は、味を邪魔しないレモン水が最適です。

 

スポンサーリンク

ラフランスがやわらかすぎるときのおいしい食べ方

ラフランスがやわらかくなりすぎて、そのまま食べるのはちょっと…というときは、ジャムにして食べるのはいかがですか?

生のフレッシュなラフランスも良いですが、火を通すと、とても良い香りがして甘みも増しますよ。

加熱することで、ラフランスに多く含まれるペクチンによって、とろりとした感じになり美味しいです。

加熱することで、日持ちが良くなるのも利点ですね。

熟したラフランスを使ったジャムの作り方

用意するもの

・ラフランス

・レモン汁

・ラフランスの重量の1/2の量のグラニュー糖

作り方

①皮をむき、いちょう切りしたラフランスと材料を鍋に入れ、ひと混ぜする。

②鍋を強火にかけ、出てきたアクを取り除く

③沸騰したら中火にしてラフランスが透き通るまで加熱(10分程度)して、完成!

 

手間もさほどかからず簡単にできますよ。

もし鍋を使うのが面倒であれば、レンジでも作れます。

 

私は面倒なときは、いちょう切りにしたラフランスを耐熱皿に並べて、ラップをかけて5分ぐらいレンジでチンして、即席ジャムを作って食べています。

ジャムというより、ピューレに近いかもしれませんね。

これをパンやホットケーキに乗せたり、ヨーグルトに混ぜて食べています。

砂糖を入れなくても、ラフランスに甘さがあるのでおいしいですよ。

カロリーが気になる人にはおすすめです!

 

スポンサーリンク

まとめ

ラフランスが傷んでいるかを見分ける方法は

・カビが生えているか

・異臭がするか

・指で押したときに潰れるか

でした。

これらのうち一つでもあてはまるようなら、腐っていると判断できます。

 

ラフランスの皮が変色するのは、完熟のサインです。

皮が黄色みを帯びて、茶色く変色し始めている状態であれば食べごろです。

また、カットしたあとの果肉の変色にはレモン水、砂糖水、塩水が効果的です。

 

やわらかくなったラフランスも、簡単にできるジャムにすれば、おいしく食べ切ることができますよ。

柔らかくなり過ぎたからと言って捨ててしまうのはもったいない!

ラフランスを加熱することで、生のものとは違った味が楽しめるので、ぜひお試しくださいね。

 

逆に、ラフランスが固い場合は、ラフランスが固い…どうすれば柔らかくなる?おいしく食べる方法は?をチェックしてみてくださいね!

 

タイトルとURLをコピーしました