ラフランスが固い…どうすれば柔らかくなる?おいしく食べる方法は?

フルーツ

ラフランスは買ってきてそのままの状態では、固くて美味しく食べられませんよね。

数日置けば柔らかくなると思って、冷蔵庫に入れた状態のまま放置してみましたが、数日経っても、固いままです。

果物は数日放置しておけば、追熟して食べ頃になるはずなのに、ラフランスは何も変わりません。

 

ラフランスはどうしたら、柔らかくなるのでしょうか。

固いラフランスをおいしく食べる方法はあるのでしょうか?

 

このページでは、固いラフランスを柔らかくする方法と食べごろの見分け方、おいしいラフランスの選び方、固いラフランスでも美味しく食べるアイデアをご紹介します。

 

スポンサーリンク

ラフランスが固いとき柔らかくする方法は?追熟方法を詳しく紹介!

スーパーで売っているラフランスは固い状態で売られていることが多いですよね。

ラフランスは固いままでは美味しくないので、ラフランスを美味しく食べるためには少し柔らかくする追熟が欠かせません。

 

ラフランスの追熟の方法は、まず「予冷」といって低温で冷蔵します。

低温で冷やすことによって、ラフランスの呼吸を抑制するんですね。

最初は呼吸を抑えておくことで、常温に戻すと一気に呼吸しはじめます。

予冷から常温に戻すというステップを踏むことで、ラフランスが追熟し始めるんですね。

ラフランスは、追熟開始から約1週間後が食べ頃です。

 

追熟に適した温度は、常温(15~20℃)です。

室内でも、日当たりの良い場所と暗い涼しい場所では追熟の速度は変わります。

追熟し過ぎると傷むのも早まるので、1日に1度は様子をチェックしましょう。

 

もし急いで固いラフランスを柔らかくしたいときは、ラフランスをリンゴと一緒にポリ袋に入れて保管してみましょう。

リンゴの出すエチレンガスによって、ラフランスの追熟を早めてくれます。

もとの固さにもよりますが、普通に追熟するよりも数日早く柔らかくなります。

 

また、保管温度が高いと追熟は早まります

ただし、熟す速度も急激です。

一度にたくさんのラフランスを追熟しすぎると、一気に食べごろが来てしまって、食べ切れなくなることも…

温度管理をして、食べ頃を逃さないようにしましょう。

 

ラフランスが逆に追熟しすぎて柔らかくなりすぎてしまったときは、ラフランスの傷みの見分け方のポイントは3つ!腐るとどうなる?をチェックしてみてくださいね。
柔らかくなり過ぎたラフランスのおいしい食べ方も紹介しています。

 

スポンサーリンク

追熟によってラフランスはどう変化する?

ラフランスはもともと、でんぷんやクエン酸などの酸を含んでいます。

追熟することで、でんぷんが果糖やブドウ糖などの糖に分解されて甘みが出てきます。

また、ビタミンBやCも増えるんですね。

ラフランスの果肉の中に含まれるペクチンも、水溶性ペクチンに変化することで、あの独特のとろりと柔らかく滑らかな舌触りに変わります。

 

スポンサーリンク

ラフランスの食べ頃はどうやって判断する?

追熟したラフランスの食べごろは、次のような状態から判断できます。

・軸の周辺が柔らかい
・香りが出てきた
・軸の周辺を指で軽く押して、少しへこむくらいの触感

このような状態になれば、完熟のサイン!

もう美味しく食べられますよ。

 

スポンサーリンク

ラフランスが固いときレンジで柔らかくなる?

追熟する時間がなかったり、切ってみたらまだ固かったり、時間を置いても固いままのラフランスに当たったりすることがあります。

もしかしてレンジでチンすれば、追熟が進むのでは…!?と思って試してみたことがあるのですが、残念ながら、追熟という感じにはなりませんでした(苦笑)

 

ただ、単にレンチンするだけでなく、ちょっとひと手間加えると、固いラフランスもおいしく食べることができます。

それは、ラフランスをコンポートにして食べることです。

ラフランスは柔らかくなり、わざわざ作りたくなるくらいにおいしく食べられますよ!

レンジで簡単に作れるし、出来あがったコンポートは冷蔵保存が利くのでおすすめです。

 

レンジで簡単にできるラフランスのコンポートの作り方

用意するもの

・ラフランス1個

・砂糖50~80g  ※ラフランスの大きさや好みで量は調整してください

作り方

①ラフランスの皮をむき、5mm厚にスライスします。

②スライスしたラフランスを耐熱皿に並べて、上から砂糖を振りかけます

③耐熱皿にふんわりラップをかけて、500Wの電子レンジで10分加熱します。

④加熱後、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。

 

ちなみに、あつあつの出来たてでも美味しく食べられますよ。

加熱することで、生のラフランス以上の甘い芳醇な香りが出ますし、あえて固いラフランスを使うことで、シャキシャキ感のあるコンポートに仕上がります。

ヨーグルトに混ぜたり、アイスやケーキなどに添えたり、ジャムのようにパンに乗せてもおいしいですよ~

 

スポンサーリンク

おいしいラフランスの選び方は?

ラフランスを選ぶときのポイントもご紹介しますね。

おいしいラフランスを選ぶポイントは以下の2点です。

・ずっしりしていて重いもの
・ふっくらとしたもの

 

ラフランスは、形がぼこぼこしていたり、皮がところどころ茶色いことが多いですが、見た目の悪さはあまり気にしなくてもOKです。

ただし、傷がついているものは避けましょう

ラフランスは、大きい方が皮もむきやすく、ボリュームがあって食べやすいですよ。

 

また、ラフランスは完熟を見極めるには少しコツがいるので、予冷済みのものを選ぶと良いです。

もしわからない場合は、お店の人に確認してみましょう。

 

スポンサーリンク

ラフランスが固いとき まとめ

通常、スーパーなどで販売されているラフランスは、固く、追熟が必要な状態のことが多いです。

固いラフランスを柔らかく、おいしく食べるには追熟が必要です。

追熟方法は

・冷蔵庫に一度入れて呼吸を抑制してから、常温(15~20℃)で数日かけて追熟。

・早く追熟させたいときは、りんごと一緒にポリ袋に入れる。

です。

追熟する際は、温度や保管場所によって追熟速度が違ってきます。

追熟し過ぎないよう、1日に1回程度、状態をチェックするといいですよ。

箱で購入した場合は、追熟のタイミングをずらせば、腐らせずに食べ切ることができますので、ぜひ工夫してみてください。

 

もし固いラフランスを食べる場合は、レンジで加熱してコンポートにするのがおすすめです。

生のフレッシュなラフランスとは違ったおいしさを味わえますよ!

 

ラフランスをおいしく食べてくださいね。

 

ラフランスが柔らかくなりすぎて腐ってるかも!?と思ったときは、ラフランスの傷みの見分け方のポイントは3つ!腐るとどうなる?をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました