スイカは切ってから1週間でも食べられる?カットスイカはここをチェック!

フルーツ

家族が少ない我が家はいつもカットされたスイカを買います。

買ったその日に少し食べたきり、1週間冷蔵庫に入れたまま放置してしまいました。

まだ食べられるかどうか、どのように見分ければよいのでしょうか?

そもそもスイカを日持ちさせるには、どうやって保存すればいいのでしょう?

 

カットされたスイカが食べられるかどうかの見分け方は、意外と簡単です!

カットスイカの賞味期限と食べられるかどうかの見分け方、日持ちさせる保存方法をご紹介します。

スポンサーリンク

切ったスイカの賞味期限はどれぐらい?

お店で買った切った状態のスイカは、意外と食べ頃期間が短いんです。

というのも、スイカは店頭に並ぶ頃食べごろになるように、収穫、出荷して追熟させるからです。

ですから、お店で購入後2〜3日が賞味期限ということになります。

 

冷蔵庫に入れて冷やすと甘味が薄くなるので常温保存がいいという話、聞いたことがあるかもしれませんね。

でも、すでに切った状態のカットスイカは、果肉がむき出しになっていて熟しやすので、冷蔵庫で保存するのが適しています。

また、カットスイカは、買ってきてすぐ冷蔵庫に入れれば、追熟を遅らせることができるので、より日持ちさせることができますよ。

冷蔵庫の中は意外と乾燥しているので、外気に触れないようにラップをきっちりすることをお忘れなく!

 

それでも、一度切ったスイカは追熟しやすく、そして傷みやすいため、こまめにチェックしておいしいうちに食べ切るようにしましょう。

スポンサーリンク

スイカを冷蔵庫で1週間保存  食べられるかどうかの見分け方は?

すでに完熟状態のカットスイカの賞味期限は2〜3日ですので、1週間保存はさすがに長すぎますね。

 

カットスイカは、果肉の鮮やかな赤色とシャキシャキした食感、ハリのある皮で新鮮さを判断できます。

 

スイカは時間が経つと、上部から水が抜けて果肉の色が濃くなります。

色が濃いから甘くなるわけではなく、感触がふわふわスカスカとして、みずみずしさが抜けた証拠です。

そして、なんとなくすえた匂いがして、味も酸っぱくなり、舌にピリッと刺激が走ることがあります。

 

そして、最終的にはスイカの繊維が水分をキープ出来なくなるので、液状化し、ドロッとします。

こうなると、もうスイカの原型を失い、異臭も激しいです。

さすがにここまでスイカを放置しておくことはないとは思いますが、、この状態になるまでにはだいたい10日〜2週間程度です。

案外早いですよね。

 

夏は食中毒も多いため、腐っているかなと思ったら無理して食べずに、捨てる判断をしましょう。

スポンサーリンク

カットスイカの賞味期限 まとめ

切ったスイカの賞味期限と1週間後でも食べられるか、傷んているかどうかの見分け方をご紹介しました。

カットしたスイカの賞味期限は、冷蔵保存でも意外と短いんですね。

切ってから1週間経つと、スイカもかなり変化してしまいます。

カットスイカは、果肉の状態が見えるので、傷んでいるかどうかの見分け方はとても簡単ですね。

 

スイカの賞味期限はだいたい2~3日です。

それを過ぎたら、必ず状態をチェックしてから食べるようにしてください。

この記事ではカットスイカの賞味期限を紹介しましたが、実は丸ごとのスイカが腐るとちょっと怖い話があるのはご存知でしょうか。

スイカが腐ると爆発することがあるのです!

なぜ爆発するのか?スイカの爆発を防ぐ方法は、驚愕!スイカは腐ると爆発するのはなぜ?怖い目にあわない方法教えますで紹介していますので、ぜひこちらもご覧ください。

賞味期限が迫っているから早く食べなくちゃ!と思って、いっぺんにスイカをたくさん食べたらなんだか太ったような気がする…

気のせいだと願いたいところですが、スイカのカロリーや糖質って、本当のところはどうなんでしょうか!?

スイカのカロリーや糖質については、スイカの食べ過ぎは太る?カロリーや糖質や1日の適量を紹介!で解説していますので、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました