ほうれん草は生で食べるのは危険?アク抜きすれば食べられるの?

野菜・豆類

ほうれん草は加熱して食べるのが普通で「生で食べるべきではない」と聞いたことはありませんか?

ほうれん草を生でたくさん食べると、体に害を及ぼすという話もありますよね。

ですが、最近はサラダほうれん草という生食用のほうれん草もよく見かけます。

はたしてほうれん草は生で食べると危険なのでしょうか。

本当は生で食べても大丈夫なのか、ほうれん草が生で食べても大丈夫だとしたら、どんな食べ方をすればいいのでしょうか。

そこでこのページでは、生のほうれん草を食べる危険性やほうれん草を生で食べるときの注意点について、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

ほうれん草を生で食べるのは体に悪いの?

ほうれん草は加熱して食べたほうが良いというのは本当です。

なぜなら、ほうれん草にはアクがありますよね。

このアクの正体はシュウ酸という物質で、シュウ酸をたくさん摂ると、結石の原因になると考えられるからなんですね。

ただし、これは生のほうれん草を毎日1kg食べると危険だということです。

普通はそんなに大量のほうれん草を生で食べることはありませんので、それほど心配する必要はありません。

ただし、継続的に生のほうれん草を食べると、体の中に知らず知らずにシュウ酸が溜まっていく可能性があります。

ですので、毎日生のほうれん草を食べ続けることは避けたほうが良いですね。

スポンサーリンク

ほうれん草を生で食べる時はアク抜きがポイント

今は普通のほうれん草の他に、サラダほうれん草を見かけることも多くなりました。

普通のほうれん草とサラダほうれん草の違いは、シュウ酸の量です。

サラダほうれん草は、一般のほうれん草よりもシュウ酸が少ない種類なんですね。

ですから、生で食べても心配がないわけです。

 

もし普通のほうれん草を生で食べるなら、しっかりアク抜きをしてシュウ酸を取り除くことが重要です。

シュウ酸は水に溶ける性質があるので、生でほうれん草を食べる場合は水に浸けましょう。

この時、ほうれん草をちぎるか切ってからたっぷりの水に浸せば、切らずに浸すよりもシュウ酸が溶け出しやすくなります。

水は2~3回替えるとより効果的です。

水に浸す時間は20分位が目安です。

 

また、シュウ酸は、カルシウムや油と一緒に摂ると体内に吸収されなくなります。

ですので、生のほうれん草を食べる場合は、オイルの入ったドレッシングやチーズを混ぜるといいわけですね。

スポンサーリンク

ほうれん草を生でスムージーに使うのはアリ?

一般的なほうれん草もアク抜きすれば、生で食べられることがわかりました。

それなら、生のほうれん草をスムージーに使うのはどうでしょうか?

もちろん、アク抜きしたほうれん草であれば、スムージーに入れるのもありですよ!

ただ、ほうれん草だけだと独特の苦みやにおいが気になりますので、バナナ、牛乳や豆乳、はちみつなどを混ぜるのがおすすめです。

さすがにほうれん草だけのスムージーを作ることはないとは思いますが・汗

フルーツを入れると苦みが減って飲みやすくなります。

バナナ以外では、りんごやみかん、キウイフルーツとも相性がいいですよ。

スポンサーリンク

ほうれん草を生で食べるならこんな食べ方がおすすめ

ほうれん草を生で食べる場合は、カルシウムが含まれているものや油分と一緒に食べるのは体に良い食べ方ですが、おすすめの食べ方をご紹介しますね。

 

まずほうれん草を生で食べるなら、サラダが一番簡単です。

ほうれん草とベーコンのサラダ

私が生のほうれん草の食べ方で一番好きなのが、ほうれん草とベーコンのサラダです。

オリーブオイルを入れて熱したフライパンに薄切りにしたニンニクを入れて、香りが出てきたら、小さめに切ったベーコンを加えて、ベーコンから油が出る位まで炒めます。

それを、食べやすい大きさに切った生のほうれん草にジャッとかければ出来上がりです。

シンプルですが、間違いない味です!

ほうれん草のシーザーサラダ

ほうれん草には、マヨネーズや粉チーズが入ったシーザーサラダドレッシングとの相性も抜群です。

マヨネーズ・レモン汁・粉チーズ・ニンニクが入ったドレッシングで和え、炒めたベーコン、ナッツをトッピングします。

パルメザンチーズ、コショウを振れば豪華なシーザーサラダが出来上がりです。

ほうれん草だけでなく、リーフレタスやケールなど好みの葉野菜を加えるのもおすすめですよ。

ほうれん草のナムル

ほうれん草を水にさらしてから、ごま油、鶏ガラスープの素、おろしにんにく、白炒りごまを混ぜた調味料と和えれば、簡単にナムルができあがります。

私はいつも1分ぐらい茹でたほうれん草でナムルを作りますが、アク抜きすれば生のほうれん草でもおいしくできますよ。

簡単でしかも生のほうれん草をたっぷり食べられます。

スポンサーリンク

ほうれん草を生で食べるのは危険?まとめ

一般的なほうれん草を生で食べるなら、アク抜きしてシュウ酸を除くことが必要です。

シュウ酸は水に溶け出す性質があるので、生で食べる場合は、ちぎるか切ったほうれん草を20分位水にさらしてから食べるようにしてください。

なお、サラダ用として売っているほうれん草はシュウ酸が少ないので、アク抜きせずに食べても問題はありません。

 

ほうれん草は鉄分、ビタミン、カロテン、葉酸、食物繊維が豊富で栄養価が高い野菜です。

栄養があるし、生でも食べられるのなら、毎日生でたくさん食べよう!と思うかもしれませんが、毎食大量のほうれん草を生で食べるのは要注意ですよ。

ほうれん草のアク抜きが不十分だったり、量が多過ぎると、消化不良や下痢、腹痛の原因になるからです。

生で食べる場合は、十分アク抜きをすることを忘れないで下さいね。

タイトルとURLをコピーしました