ライスペーパーは賞味期限切れでも食べられるか見分け方はコレ!

乾物

ずいぶん前に買っておいたライスペーパーの存在をすっかり忘れていて、発見したときには賞味期限が切れていました。

ライスペーパーは乾燥しているので、食べても大丈夫な気がするのですが、賞味期限が気になります。

そこで、ライスペーパーは賞味期限切れでも食べて大丈夫なのか、食べてはダメな場合の見分け方、の開封後の賞味期限はどれくらいなのかをご紹介します。

 

スポンサーリンク

ライスペーパーは賞味期限切れたらどれぐらいまで食べられる?食べて良いかの見分け方

ライスペーパーをすっかりしまいこんでいて、見つけた時には賞味期限が切れていた!

そう頻繁に使うものではないので、買ってすぐに使わないと、つい忘れてしまうことありますよね。

(私だけじゃ無いはず・・・笑)

 

賞味期限が過ぎているからと言って、慌てて捨てたりしないでくださいね!

ライスペーパーは賞味期限切れでも、未開封であれば3ヶ月くらいは食べても大丈夫です。

もともと乾物なので、外気に触れていなければほとんど変化はなく、普通に使うことができます。

 

ただし、ライスペーパーを保存していた場所が、湿気が多かったり、袋が変形するほど高温な場所だった場合は要注意です。

食べて良いかどうかの見分け方は3つあります。

 

ライスペーパーが変形していないか

まず変形していないかをチェックします。

湿気を帯びてから再び乾燥したものは、表面が波打っています。

また、乾燥しすぎるとひび割れが発生します。

こうなると、ライスペーパーを水で戻す時に戻りにくく、ムラができます。

 

単に変形している状態であれば、特に身体に害を及ぼすこともなく食べられます。

ただ、変形してしまうと調理がしにくく、臭いが移っていることもあるので、あまりおいしくはありません。

 

ライスペーパーにカビが生えていないか

ライスペーパーは水を含むと柔らかくなりますが、水を含んだ状態で置いておくとカビが発生し、半透明のシートが変色することがあります。

もしライスペーパーに色がついていたら、カビているサインなので食べるのは避けましょう。

また、一旦水にくぐらせたライスペーパーを保存するのは難しいので、必ずすぐに食べ切るようにしましょう。

 

ライスペーパーに虫が混じっていないか

輸入物のライスペーパーに多いのですが、加工の段階で虫が混じることがあります。

どうやらライスペーパーを乾燥させる時についてしまった小さな虫も、一緒に挟まれてしまうようなんですね。。

この場合、爪などで引っ掻けば取り除けるので、気にならなければ食べられます。(私は気になるので食べませんけど)

 

また、加工段階ではなくパッケージした後、袋が破れて虫が入り込むことがあります。

この場合は、虫を取り除いても卵を生みつけている場合があります。

保管中に虫(死骸も含む)を見つけたら、処分することをおすすめします。

あまりいないとは思いますが・・・どうしても消費したいというなら、細く切ってヌードルなどにアレンジして、必ずしっかり熱を加えて食べるようにしたほうがいいですよ。

 

スポンサーリンク

ライスペーパーの開封後の賞味期限はどれぐらい?

ライスペーパーは、お米のデンプン質を火力で乾燥させてシート状にした生春巻き用の皮です。

しっかり乾燥させた乾物なので、かなり長期保存が効きます。

開封後も保存環境が良ければ、1〜2ヶ月は普通に使えます。

 

ライスペーパーは使う時に軽く水にくぐらせると、あっという間に柔らかく戻りますよね。

このように、ライスペーパーにはとても水を吸いやすい性質があります。

水で戻したライスペーパーをそのまま放置すると、臭いが移ったり、カビることもあります。

逆にライスペーパーが乾燥しすぎると、バラバラになります。

また、虫もつきやすいので、破けた袋に入れたまま放置することはやめましょう。

 

スポンサーリンク

ライスペーパーの開封後の上手な保存方法はコレ!

ライスペーパーの保存方法は、とにかく湿気を避けるのが秘訣です。

一旦開封したら、まとめてジップロックなどの保存袋に入れて、しっかり空気を抜いて密封しましょう。

このとき、ジップロックに乾燥剤を入れたり、冷蔵庫で保存する必要はありません。

むしろ乾燥しすぎてバラバラになりやすいです。

 

また、冷蔵庫からの出し入れは、温度や湿度の変化によって劣化しやすいです。

なので、ライスペーパーの保存は常温で大丈夫です。

ただし、直射日光は避け、戸棚や食品庫など、暗く乾燥した場所で保管しましょう。

くれぐれも戸棚の奥に追いやって、賞味期限が切れるまで忘れ去らないように気をつけてくださいね(笑)

 

スポンサーリンク

まとめ

ライスペーパーは未開封であれば、賞味期限が切れても3ヶ月ぐらいであれば使うことができます。

ただし、保存場所が悪いと、変形したり、カビが生える場合もあるので、状態をチェックしてから使うようにしてください。

また、ライスペーパーは保存状態が良ければ、開封後も1〜2ヶ月は普通に使えます。

ライスペーパーを保存する場合、湿気が大敵!

乾燥状態をキープできるように密封して、常温で保存しましょう。

タイトルとURLをコピーしました