パイナップルでピリピリするのは腐ってるから!?舌が痛くなる理由と直し方

フルーツ

よく熟れたパイナップルはジューシーで美味しくて、いくらでも食べられそうですよね。

でも、パイナップルを食べると口の中や舌がピリピリすることはありませんか?

あのピリピリが嫌でパイナップルはなんとなく苦手…という人もいますよね。

実は私自身、子どもの頃パイナップルを食べると口の中が痛くなるので、パイナップルは苦手意識がありました。

パイナップルを食べると、なぜ舌がピリピリするのでしょうか?

 

そこでこのページでは、パイナップルを食べると舌がピリピリする原因と舌が痛くなった時の治し方、そしてパイナップルを食べても舌が痛くならない方法をご紹介します。

スポンサーリンク

パイナップルを食べると舌がピリピリする理由とは?

パイナップルを食べた時に口の中がピリピリするのは、パイナップルが腐っているからではありません。

パイナップルに含まれているブロメラインという酵素のせいで舌がピリピリすることがあります。

ブロメラインはタンパク質を分解する酵素です。

ブロメラインのおかげでタンパク質が分解されて肉が柔らかくなるので、肉料理にパイナップルを入れるレシピもあるくらいです。

 

ブロメラインが分解するのは、料理のお肉だけではありません。

私たちの舌や頬の粘膜も、タンパク質でできていますよね。

実はパイナップルのブロメラインは、私たちの舌や頬の粘膜も溶かしてしまうのです。

だから、口の中の粘膜がパイナップルの酸味や刺激に反応して、ピリピリしたりチクチク感じるというわけですね。

スポンサーリンク

パイナップルで舌がピリピリしたとき治す方法とは?

パイナップルを食べると口の中が痛くなってしまう人はパイナップルは諦めるしかないのでしょうか。

いえいえ、もちろんそんなことはありません!

 

私たちの体はとても良くできていて、唾液からはいつもタンパク質が出ているんです。

ですからパイナップルを食べ終われば、また元通りに舌はタンパク質で覆われてピリピリ感はなくなります。

確かに、パイナップルを食べて舌がピリピリしても、食べ終わってからしばらくすると傷みはなくなりますよね。

 

でも、パイナップルを口に運ぶ度に口の中がピリピリするのでは、美味しいよりも痛いのが勝ってしまいますよね。

そんな時は、パイナップルを食べてすぐに牛乳を飲んだり、ヨーグルトと一緒に食べると舌や口の中が痛くなりにくいですよ。

牛乳やヨーグルトにはタンパク質が含まれているので、パイナップルで分解されてしまった口の中のタンパク質を補えば、舌のピリピリ感も早く収まるというわけです。

スポンサーリンク

パイナップルで舌がピリピリしない方法とは?

パイナップルを食べる度に舌が痛くなるのを防ぐ方法はないのでしょうか。

 

実は、パイナップルのブロメラインは60℃以上になると効果が弱くなります

つまり、パイナップルを温めればいいというわけです。

少し手間はかかりますが、パイナップルを切り分けたら、電子レンジで1~2分加熱してから食べると口の中の痛みは感じにくくなりますよ。

 

ただ、温かいパイナップルはちょっと抵抗感ありますよね。

その場合は、一旦冷蔵庫に入れて冷やしてから食べても大丈夫ですよ。

 

パイナップルを温める以外では、塩水に浸ける方法もあります。

パイナップルを塩水に浸けても、ブロメラインの活性化を抑えることができるんですね。

 

また、塩水ではなくお酢でもブロメラインの働きが低下するので、酢水に一度浸けて食べるという方法もあります。

ただ、パイナップルが酸っぱくなるのはネックなので、レンジが使えれば温めたほうが良いと思います。

 

私はパイナップルをそのまま食べると舌が痛くなりやすいので、基本的にはヨーグルトに混ぜて食べるようにしています。

ヨーグルトと一緒に食べて舌が痛くなることはほぼないので、おすすめの方法ですよ。

スポンサーリンク

舌がピリピリしないパイナップルの選び方のコツは?

私の経験上、完熟した柔らかいパイナップルより、固めのもので舌が痛くなるような気がします。

実はこの感覚は正しくて、完熟したパイナップルは酵素の働きが弱くなっているので、完熟パイナップルのほうが舌が痛くなりにくいのです。

ですので、完熟パイナップルを選ぶのがコツです。

 

パイナップルを選ぶには、全体が黄色で、葉の緑が濃くて枯れていないものがベストです。

ただし、色が全体的に黄色くなっているものの、パイナップルのお尻の部分がぶよぶよしている場合は腐りかけているので、避けるようにしましょう。

舌は痛くならないかもしれませんが、腐りかけのパイナップルでは美味しくありませんからね。

スポンサーリンク

パイナップルを食べると舌がピリピリする原因と対策 まとめ

パイナップルを食べると舌や口の中がピリピリするのは、パイナップルにブロメラインというタンパク質分解酵素が含まれているためです。

このブロメラインで口の中の粘膜にあるタンパク質が傷つき、ピリピリとした痛みを感じるのです。

ただし、パイナップルを食べ終わると口の中のタンパク質はすぐにまた作られるので、時間が経てば痛みは収まります。

 

もし、パイナップルを食べてすぐに傷みを解消したい場合は、牛乳を飲んだり、ヨーグルトを食べると痛みはなくなりますよ。

また、ブロメラインは60℃以上で働きが鈍くなるので、パイナップルを食べる前にレンジで1~2分加熱しておくと、舌や口の中の痛みは感じにくくなります。

 

パイナップルを選ぶ時は、完熟パイナップルを狙いましょう。

完熟パイナップルはブロメラインの働きが弱まっているので、口や舌の痛みは感じにくいですよ。

 

パイナップルを食べ過ぎると胃痛や下痢を起こすことがあるのはご存知ですか?

その理由や1日の適量、パイナップルの栄養成分についてはパイナップルの食べ過ぎで下痢や胃痛になるのはなぜ?1日の適量は?で紹介しています。

こちらもぜひ参考になさってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました