バターピーナッツは食べ過ぎると体に悪い?一日どれぐらいが適量?

野菜・豆類

バターピーナッツはなんとなく食べすぎると、体に悪そうなイメージを持ちますよね。

ピーナッツは食べ過ぎを防ぐことで、ピーナッツが本来持つ良さを活かすことができます。

ピーナッツは適量を守れば、体に良いことがたくさんあるんですよ!

 

そこでこのページでは、

・ピーナッツの食べすぎってどのくらいの量のことなのか

・1日に食べていい適量ってどのくらいなのか

・ピーナッツにはそもそもどんな栄養があるのか

・ピーナッツを食べ過ぎると体に悪いのは本当なのか

ご紹介します。

 

スポンサーリンク

バタピーは食べ過ぎると体に悪い?!どんな影響がある?

ピーナッツは栄養豊富で、健康効果も高いナッツの代表です。

しかし、あまりたくさん食べると、ニキビができたり、鼻血が出るなど、あまり体に良くない影響もあると言われていますよね。

実際はどうなのでしょう。

 

私自身、ピーナッツを食べ過ぎてニキビができた覚え、確かにあります。

ピーナッツに含まれる油分の高さも要因のひとつかもしれません。

ピーナッツはなんと、その半分が油分でできているんですね!

 

ニキビの要因は、皮脂が多く作られることです。

それゆえ、油分の高い食品を摂ることで、ニキビができるとされていました。

今は、ニキビができるのは食べ物のせいとは、科学的に根拠がないとされています。

でもやはり、ピーナッツの食べ過ぎは体にとってよくありません。

また、ピーナッツをよく噛まずに食べると、噛み砕かれなかったピーナッツは消化に時間がかかるため、胃腸にも負担がかかります。

食べ過ぎからくる消化不良が、腹痛や下痢につながることもあります。

やはり、適正量を守って食べることが大切と言えますね。

 

スポンサーリンク

ピーナッツを食べ過ぎない量は一日どれくらい?

では、ピーナッツは一日にどのくらいが適切な量なのかというと、18gです。

これはだいたい30粒程度です。

1日に30粒程度の量のピーナッツであれば、体にとって問題ない量とされています。

食べ過ぎを防ぐことで、体に悪い影響が出にくく、ピーナッツの持っている健康・美容効果も得やすいので、適量を守りましょう。

 

スポンサーリンク

ピーナッツを毎日食べると嬉しい効果が!

ピーナッツは栄養面に優れています。

ピーナッツは、たんぱく質が豊富で、ビタミンB1・ビタミンE・ミネラルを多く含み、食物繊維も豊富です。

 

ピーナッツを毎日コンスタントに決まった量を摂ることで、

・便秘解消

・美肌効果

・悪玉コレステロールの低下

・ストレスによる血圧低下

などの効果が期待でます。

 

また血糖値が上がりにくいので、実は食べても太りにくいんですね。

そのため、ダイエット中にもおすすめの食材なんです。

あくまでも適量を守れば、ですが(笑)

 

また、動脈硬化や生活習慣病の予防にも良いとされています。

ダイエットに限らず、手軽なおやつとしても最適ですね。

 

スポンサーリンク

ピーナッツを食べ過ぎると太る?

ピーナッツは太るというイメージがありませんか?

さきほどもご紹介しましたが、ピーナッツは半分が油分で、カロリーが高いことで知られているからでしょう。

 

気になるピーナッツのカロリーは、100g当たり562kcalです。

ピーナッツの一日の目安量は30粒ですので、100kcalですね。

100kcalがどれくらいのカロリーなのかピンとこないので、他の食品で表すと…

バナナ1本、食パン1切れ、ご飯軽く1/2杯がだいたい100kcalです。

 

他の食べ物に置き換えて考えてみると、ピーナッツのカロリーは案外高いということがわかりますね。

ということで、ピーナッツを食べすぎると、カロリーオーバーになる危険があります。

 

スポンサーリンク

まとめ

ピーナッツが身体に悪いと誤解されているのは、カロリーの高さと油分が多いせいですね。

そのために、ピーナッツを食べすぎることは、体にとって良くないと考えられます。

ただし、1日の適量を守れば大丈夫。

ピーナッツの一日の目安量は30粒程度までと決めて食べれば、普段の生活に上手に取り入れることができますよ。

 

せっかく栄養がたっぷり入ったピーナッツ。

食べ過ぎには注意して、ピーナッツが持つ体に良い健康・美容効果をたくさんGETしましょう!

タイトルとURLをコピーしました