オリーブオイルの賞味期限切れはいつまでセーフ?使い道や捨て方を紹介します

調味料・スパイス

オリーブオイルは他の油よりも使用頻度が低めですよね。

そのため、せっかくオリーブオイルを買ったのに存在を忘れていたりしませんか?

気づいたら、かなり賞味期限が過ぎていて焦ることもありますよね。

 

油は賞味期限を過ぎてもすぐに傷むことはありません。

でも、期限を過ぎたものっていつまで使って平気なのでしょうか?

もし、古くなって使えなくなったオリーブオイルはどうしたら良いのでしょう。

何か使い道はあるのでしょうか?

 

そこでこの記事では、オリーブオイルの賞味期限と賞味期限が切れたオリーブオイルの使い道を紹介します。

合わせて、古くなったオイルの正しい処分方法も知っておきましょう。

スポンサーリンク

オリーブオイルの賞味期限切れ…未開封なら2年前のものでも使える?

オリーブオイルの賞味期限が切れていた場合、いつまで使うことができるのでしょうか。

 

賞味期限とは、食品を美味しく食べることができると保証された期限ですよね。

賞味期限が過ぎると味や鮮度は落ちますが、食べることは可能です。

 

ではオリーブオイルの場合はどうなのかと言うと、未開封であれば賞味期限が2年前のものでも使えます

ただし、油臭くないか等、状態をみて使えるかを判断しましょう。

未開封であっても、直射日光が当たったり温度が高い場所で保管していると、油が劣化している可能性があるんですよね。

 

また、オリーブオイルの入っているボトルによっても賞味期限は異なります

未開封の状態で、遮光ボトルなら2年半、透明ガラスボトルで2年、プラスチックボトルで1年半くらいが賞味期限のおおよその目安です。

プラスチックボトルは保管していた環境の影響を受けやすいので、賞味期限が過ぎたら質をチェックした方が良いですね。

 

では、賞味期限が切れたオリーブオイルが使えるかはどのように見分ければ良いのでしょうか?

オリーブオイルが劣化すると、このような状態になります。

・嫌な臭いがする
・泡が消えない
・粘りがある
・キレが悪い
・変色して色が濃くなっている
・熱すると煙が出る
特に、オリーブオイルの色が変わっていたり、嫌な臭いがするなら要注意です。
いつものオリーブオイルと違うと感じたら、もう食用としては使わない方が良いですよ。
スポンサーリンク

賞味期限切れのオリーブオイルで腹痛を起こすことがあるのは本当?

オリーブオイルを開封すると、酸素や光に触れることで徐々に酸化して状態が悪くなります。

賞味期限が過ぎて酸化が進んだオリーブオイルを摂ると、腹痛を起こすことがあるのは本当です。

腹痛だけでなく、気分が悪くなったり、胸やけを感じたり、下痢などの食中毒に似た症状が出る人もいるんですね。

 

私はオリーブオイルではありませんでしたが、袋を開けて数日経ったポテトチップスを食べて、胃がムカムカした経験があります。

なんとなくポテトチップスからいつもよりも油っこいニオイがしたんですよね。

今思えば、油が酸化していたのだと思います。

 

見るからにオリーブオイルの色が変わっていたり、変な臭いがしない限りは大丈夫だと思います。

が、いつもと違うと感じたら使わない方が安心ですよ。

 

オリーブオイルは開封したら3ヶ月で使い切るのが目安です。

油は、できるだけ悪くならないうちに使い切りたいですね。

ただ、ボトルが大きいと使い切るのがなかなか大変で、使い終わりの頃にはなんとなく油臭くなったりします。

ですので、私はできるだけ早めに使い切れるように、小さめのボトルのものを購入していますよ。

 

オリーブオイルは、サラダなどにそのまま使うことも多いオイルですよね。

であれば、なおさらフレッシュな状態で使いたいものです。

なるべく状態が悪くならないよう、保存にも注意が必要です。

オリーブオイルの上手な保存方法については、オリーブオイルは腐る?常温保存は危険!?冷蔵庫に入れるべき?で詳しく紹介しています。

こちらも合わせてご覧くださいね。

スポンサーリンク

オリーブオイルは賞味期限切れでもこんなに使い道がある!

古くなったオリーブオイルを料理に使うのは抵抗を感じる…というときは、別の使い道がありますよ。

賞味期限切れのオリーブオイルの活用アイデアを紹介しますね。

アロマキャンドル

古くなったオリーブオイルと凝固剤を混ぜれば、簡単にアロマキャンドルができます。

クレヨンで好きな色に着色したり、素敵な香りのアロマオイルを垂らしたり。

オリジナルキャンドル作りも楽しいですね。

石けん

古くなったオリーブオイルと苛性ソーダを混ぜ合わせれば、手作り石けんができますよ。

こちらの本が参考になると思います。

スポンサーリンク

賞味期限切れのオリーブオイルの捨て方は?

賞味期限切れのオリーブオイルを処分する場合、量が多いと捨て方に悩みますよね。

油ですので、そのままオリーブオイルをキッチンの排水溝やトイレ等に流して捨てるのはNGです。

配水管を詰まらせる原因になりますし、環境的に良くありませんからね。

 

では、オリーブオイルの捨て方を3つ紹介しましょう。

市販の凝固剤で固めて捨てる

「固めるテンプル」などの凝固剤を使って、オリーブオイルを固めて捨てる方法です。

オイルに凝固剤を溶かして、しばらく放置しておけば固まります。

固まったものは燃えるゴミとして捨てられますよ。

新聞紙やキッチンペーパーに吸わせる

凝固剤で固めずに捨てたい時は、牛乳パックやビニール袋を二重にして新聞紙やキッチンペーパーなどを敷きます。

牛乳パックやビニール袋にオリーブオイルを注ぎ、新聞紙やキッチンペーパーに吸わせましょう。

最後にパックや袋の口を閉じて燃えるゴミとして捨てます。

廃油回収に出す

スーパーや自治体が運営する施設に廃油回収ボックスがあるので、それを利用しましょう。

回収された廃油はリサイクルされて違う製品に生まれ変わります。

捨てるはずだったオイルも違った形で活用されるので、エコで地球にもやさしい方法ですね。

スポンサーリンク

まとめ

オリーブオイルの賞味期限は入っているボトルによって異なります。

未開封であれば、遮光のボトルで2年半、ガラスのボトルで2年、プラスチックボトルで1年半です。

賞味期限が過ぎても使えますが、保存状態によっては劣化していることもあるので注意が必要です。

賞味期限が過ぎたオリーブオイルを使う時には、状態をよく確認して使ってくださいね。

 

賞味期限切れのオリーブオイルは、アロマキャンドルや石けんの材料になりますよ。

もし捨てるのが勿体ないな…と思ったら、是非楽しみながら挑戦してみてくださいね。

 

古くなったオリーブオイルの処分方法は

・固めて捨てる

・紙に吸わせて捨てる

・廃油回収

でした。

くれぐれも、キッチンの排水溝やトイレに流すのは厳禁ですよ!

 

オリーブオイルを頻繁に使わない場合は、買いだめせずに、残りが少なくなったら買うようにすると良いですね。

また、小さめのオリーブオイルを買うようにするのも、賞味期限切れを防ぐコツです。

 

タイトルとURLをコピーしました