いちじくの食べ過ぎは下痢のもと?栄養効果や1日の適量をチェック!

フルーツ

よく熟したいちじくは美味しいですよね。

薄い皮を手でむいて一口かじると、あのつぶつぶがなんとも言えない食感で、甘い味がたまりません!

子どもの頃、家にいちじくの木があったので、豊作の年には枝いっぱいになった実をお腹いっぱい食べたものです。

 

でも最近、いちじくの食べ過ぎは体に良くないということを耳にしました。

そう言えば、いちじくを食べた後、唇がヒリヒリしたこともありましたっけ…

もしかしたら、唇がヒリヒリしたのも、いちじくの食べ過ぎが原因だったのかもしれません。

 

そこでこのページでは、いちじくを食べ過ぎるとどうなるのか、いちじくの栄養効果、一日に食べる適量はどのくらいかをご紹介します。

スポンサーリンク

いちじくを食べ過ぎるとどうなる?下痢を起こすのは本当?

いちじくを食べ過ぎると下痢になったり、腹痛を起こすことがあります。

というのもいちじくには、水溶性食物繊維のペクチンがたくさん含まれているからなんですね。

ペクチンは腸の活動を活発にするので、適量であれば便秘解消に効果があります。

でもこのペクチンを摂り過ぎると、腸が敏感な人は下痢になることもあるのです。

 

また、いちじくに含まれているベストアルデヒドという成分は嘔吐や胃の痛みを引き起こすこともあります。

ですから、あまりたくさんのいちじくをいっぺんに食べると、下痢や胃痛などを起こす可能性があるので危険なのです。

私はいちじくを一度にかなり多く食べたことがありますが、下痢にもならず、腹痛も起こさなかったのは、単に運が良かっただけだったのかもしれません。

 

また、いちじくを食べて唇がヒリヒリしたのは気のせいではなく、いちじくに含まれているたんぱく質分解酵素のせいです。

いちじくをたくさん食べると、この酵素の働きで唇のたんぱく質が傷つけられてしまうんですね。

いちじくを食べてしばらく経つと大抵はヒリヒリ感は収まりますが、やっぱりこれは困りますよね。

スポンサーリンク

いちじくの栄養成分や効能は?

食べ過ぎると腹痛や胃痛を起こす可能性があるいちじくですが、実は栄養たっぷりのフルーツなんですよね。

ですから、適量食べる分には全く問題がなく、むしろ積極的に食べた方が良い成分がたくさん含まれています。

いちじくの主な栄養成分と効能をご紹介しましょう。

食物繊維

食べ過ぎると下痢になるのは、いちじくに食物繊維が多く含まれているからです。

食物繊維はご存知の通り便通を良くする効果があります。

便秘気味であれば、いちじくの水溶性食物繊維が便秘改善の役に立ってくれますよ。

カリウム

カリウムには、体内のナトリウムを排出し、血圧を下げる働きがあります。

そのため、いちじくを食べると高血圧や動脈硬化の予防が期待できます。

カルシウム

いちじくにはカルシウムや鉄分も含まれており、血液や骨を作る素になります。

スポンサーリンク

いちじくの1日の適量は?

ではいちじくは、1日どれくらいまでなら食べ過ぎにならないのでしょうか。

20個食べてもお腹を壊さず大丈夫だったという人もいれば、6個食べて下痢をした人もいて、もちろん個人差があります。

ただ、いちじくは果物なので基本的にはデザートとして食べますよね。

農林水産省によると、果物は1日の必要エネルギー(カロリー)の1割程度が目安です。

成人女性の1日の必要エネルギーは1,400~2,000kcalなので、1日に食べる果物は140~200kcalぐらいの量になります。

 

いちじくは100gあたりのカロリーは54kcalです。

いちじく1個あたりに換算すると約40kcalになるので、そうするとだいたい1日4~5個が適量ということになります。

 

案外少ないですよね。

たくさんあるからと一度に大量に食べることは正解ではなかったのです。

もし大量のいちじくを食べ切れない時には、ジャムにするのがおすすめです。

ジャムにすれば日持ちしますし、いちじくジャムはつぶつぶがちょっと残っていて、パンに塗って食べるとなかなか美味しいですよ。

スポンサーリンク

ドライいちじくは食べ過ぎるとどうなる?

ちなみに、生のいちじくを乾燥させたドライいちじくは食べ過ぎるとどうなるのでしょうか。

ドライいちじくは水分が抜けているので、生のいちじくと比較して栄養価が高く、カロリーや糖質、食物繊維の割合が高くなっています。

生のいちじくよりもさらに、食べ過ぎると下痢や腹痛の危険が高いということになります。

また、ドライいちじくのカロリーは1個(7g)あたり20kcalです。

美味しいからとつい食べ過ぎてしまうと、体重増加にもなりかねません。

ですから、ドライいちじくの場合は1日3個ぐらいを目安にすると良いですよ。

スポンサーリンク

いちじくの食べ過ぎや栄養効果 まとめ

いちじくは食べ過ぎると下痢や腹痛の原因になることがあります。

糖分も含まれているので食べ過ぎは肥満にもつながります。

生のいちじくなら1日4~5個ぐらいが適量です。

ドライいちじくは生のいちじくよりもさらに栄養価が高いので、1日3個ぐらいにしておきましょう。

いちじくは適量食べれば健康効果が期待できます。

食べ過ぎには気を付けて健康的な生活を送りたいですね!

いちじくの食べ頃の見分け方はご存知ですか?

緑色のいちじくは追熟できるのか、また保存方法については、いちじくの食べ頃知りたい!緑のものは追熟すべき?保存方法は?で詳しく紹介しています。

合わせてぜひチェックしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました