コンソメの代わりは身近な調味料で!代用7品と簡単スープストックの作り方

調味料・スパイス

ポトフを作ろとしたらコンソメの素を切らしていることに気づきました。

もう材料も切ってあとは煮込むだけ!なのに、こういうとき焦りますよね。

そんなときは、家にある身近な調味料で代用しましょう!

 

家にある他の「ダシ」系調味料でコンソメの素の代用品になるか、なるべくコンソメを使ったときに近い感じに作るにはどうすればいいかをご紹介します。

また、コンソメの素を使わずに簡単に作れるスープストックもご紹介します。

 

スポンサーリンク

コンソメの代わりになるものは鶏ガラ、ほんだし、ウェイパー、ブイヨン、ダシダ…あとは?

コンソメの素は、肉と野菜とブーケガルニを煮出したダシに調味料を加えたものですよね。

なので、同じような材料でとったダシ系やスープ系調味料であれば、コンソメの代わりになります。

では早速、コンソメの代用として使える身近な調味料7品を紹介します。

 

鶏ガラスープの素

一番最初に頭に浮かぶのは、鶏ガラスープの素では?

コンソメの素に比べて、さっぱりとしつつ、コクのある味に仕上がります。

コンソメの代用として使う時は、塩分が強いので塩加減に気をつけてくださいね。

 

ほんだし

とりあえず「だし」という意味で、和風だしのほんだしも使えますよ。

ほんだしは魚ベースのだしなので、当然ながら、魚介の香りが強く出ます。

そのため、ほんだしの量を半分にして鶏ガラスープの素とミックスして使うと、魚のクセが消えて美味しくなります。

 

ウェイパーや創味シャンタン

中華スープのウェイパー創味シャンタンを使うと、肉や野菜の旨味が詰まったダシが出ます。

入れすぎるとクセが強くなるので、ウェイパーや創味シャンタンは控えめに加え、塩胡椒で味を調節しましょう。

 

ブイヨン

固形ブイヨンは野菜をベースにしたダシなので、コンソメよりもさっぱりしますが代用に使えます。

コクを足すには、ティースプーン1杯のオリーブオイルを加えるといいですよ。

 

ダシダ

韓国のスープの素のダシダは、牛肉と野菜ベースという意味でコンソメに最も近く、コンソメの代用に適しています。

ダシダは牛肉のダシが強いので、コンソメよりも濃厚で旨味のある仕上がりとなります。

ポトフにダシダを使った場合は、洋風というより韓国風にはなりますが、それはそれでおいしいです。

 

牛脂

コンソメのダシは主に牛肉ベースなので、牛脂を少し加えると旨味が近づきます。

入れすぎると匂いが強く脂っぽくなるので、少量を加え、塩胡椒で味を調節しましょう。

 

ラード

ラードは豚の油ですが、煮込み料理には溶けやすく、馴染みやすいうえに旨味も出ます。

ラード自体には味はないので、塩胡椒で調節しましょう。

 

スポンサーリンク

コンソメの代わりがなくても実はスープストックは手作りできる

コンソメの素を切らしていたとき、代用のダシは市販品でと思いがちですが、私はスープストックを手作りします。

しかも、1食分の煮込み料理を作りながら、スープストック(保存用スープ)も作れて、一石二鳥の方法があるんです。

塩分も調節できて、化学調味料、添加物なし、子供にも安心です。

 

材料

・骨付き赤身牛肉(カルビ肉など) 350g
・セロリ、にんじん、玉ねぎ 各1個
・ニンニク  ひと片
・ローリエ 1枚

骨なし牛肉ならば、鶏ガラ一羽分もしくは手羽元(肉付き)数本を加えると、濃厚なコクが出ます。

鶏ガラや牛骨は、お肉屋さんで分けてくれるところもありますので、お店で聞いてみてくださいね。

 

作り方

①お肉に数カ所包丁を刺してから、フライパンで焼き色をつけます。

②お肉とフライパンに出た脂、大きめにざく切りにした野菜と材料を全部鍋に入れ、食材がかぶる程度に水を入れて強火にかけます。

③沸騰しはじめたら弱火にして、お湯が3/4ほどに減るまでゆっくり煮込みます。

 

沸騰直前にしっかりアクを取ったら、あとは約1時間〜1時間半、煮込みっぱなしでOKです。

圧力鍋なら加圧後に弱火にして40分で火を止め、自然に圧が抜けるまで待ちます。

 

手作りスープストックの使い方

煮込みが完了したら、お肉や野菜を一度取り出します。

スープは濾して、保存用に半量を別の容器に入れ冷まします。

このスープは、冷凍保存で1ヶ月ストックしておけます。

 

取り出した具材は骨は捨て、他を適当な大きさに切り、残りのスープと合わせます。

骨つき肉は煮込んであるので、骨もスルッと取り出せます。

カレーやシチューのルーを入れれば、そのまますぐに食べられます。

野菜を足したい場合は、ジャガイモやブロッコリーなど別に茹でたものを加えます。

 

人数が多めの時は、スープに少しお水を加え、再び火にかけて煮込めばOKです。

スープ自体には塩気がありませんので、調理の際に塩胡椒を加えて味を調節してくださいね!

 

スープストックは難しそうなイメージがありますが、材料を煮込めばいいだけなので、意外と簡単なんですよ~

自分でお肉や野菜からダシをとってみると、野菜のやさしい味わいがやみつきになると思います。

私は添加物が入っていないところが気に入っています

 

スポンサーリンク

まとめ

コンソメの素がない場合に代用できる身近な調味料と、自家製スープストックの作り方をご紹介しました。

市販品でコンソメの代用にするなら、個人的にはダシダがおすすめです。

ダシダを入れるだけであっという間にスープにコクや旨味が出るので、私は普段からダシダはよく使っています。

むしろ、コンソメを使うよりもダシダのほうが、スープはおいしくできますよ(笑)

 

タイトルとURLをコピーしました