あずきの缶詰が賞味期限切れ・・・いつまで食べられる?見分け方は?

野菜・豆類

買い置きしていたゆであずきの缶詰の賞味期限が切れていました!

缶詰なので賞味期限が過ぎても食べられると思うんですが、賞味期限から何年ぐらいまでならセーフなんでしょうか?

また、一度開封した缶詰のゆであずきの賞味期限はどれくらいなのでしょうか?

 

あずきの缶詰の賞味期限が切れていたとき、どれぐらいまで食べられるのか?

賞味期限切れの缶詰のあずきを食べてもよいのかの見分け方、缶詰のあずきの開封後の賞味期限と保存方法を紹介します!

 

スポンサーリンク

あずきの缶詰が賞味期限切れ!どれぐらいまで食べられる?

缶詰は、もともと滅菌処理をした食品を、ほぼ真空状態で密封して作る保存食です。

あずきの缶詰も、小豆を水煮したあと無菌状態にして、長期保存に耐えられるように作られます。

なので、缶そのものが無傷であれば、賞味期限を過ぎても半年〜1年は普通に食べられます。

 

ただし、缶に穴が空いていたり、へこんでいたら要注意です。

缶が変形したところから穴があいて、中身が外気に触れることになり、雑菌によって腐る可能性があります。

 

特に膨らんでいる缶詰は、高温多湿の場所に長い間置かれていたり、保存環境が悪かったために、腐敗ガスが充満した証拠です。

無防備に缶を開けると、勢いよく中からあずきが噴き出すことがあるので、開けるときは十分注意してくださいね。

 

スポンサーリンク

あずきの缶詰が賞味期限切れたとき食べてもよいか見分け方は?

缶詰の表面が無傷で、外から見ただけでは変化しているかどうかわからない場合は、缶を開封してチェックが必要です。

賞味期限切れの缶詰のあずきを食べても大丈夫かどうか見分けるには、以下をチェックします。

 

1.缶が錆びてないかチェック

まずは慎重に缶を開け、中のあずきを鍋などに移します。

缶の中の底や壁面を見て、サビていないかチェックしましょう。

缶にサビや変色があると、あずきにサビが混入している可能性があります。

缶にサビや変色が見られなければ、第一段階クリアです!

 

2.あずきの色を見る

缶が無事であれば、今度はあずきをチェックします。

あずきは、全体的にツヤのある小豆色で、汁も濁っていなければ大丈夫です。

もし、あずきの表面に白いカビが混じっていたり、全体的に濃く黒っぽく変色していたら、残念ながら食べられる状態ではありません。

 

3.あずきの臭いをチェックする

あずきを煮てから長い間放置すると、酸っぱいにおいを放つようになります。

缶詰のあずきも同様で、酸っぱいにおいや、カビ臭さ、ほこりっぽいにおいがしないか、確認しましょう。

あずきの臭いとは違った臭いがする時は、食べても酸味があったり、カビ臭さが残ります。

特に臭いに変化を感じなければ食べることができます。

 

しかし、賞味期限切れの缶詰のゆであずきを食べる場合は、念のため火を通してから食べたほうがういいですよ。

鍋に移したあずきをそのまま弱火〜中火で、かき混ぜながら湯気が立つほど温めます。

温かいあずきもおいしいですが、デザートのトッピングに使ったり、サンドする時は、粗熱を取ってから使います。

 

スポンサーリンク

あずきの缶詰 開封後の賞味期限はどれぐらい?常温・冷蔵・冷凍日持ちするのは?

あずきの缶詰は、開封後はあまり日持ちしません。

そのため、缶詰を開けたら使い切るか一晩のうちに食べ切りましょう。

 

常温でおいておくと、1日も経たないうちに乾燥し、味は落ち、ひどいときはカビることもあります。

また、缶詰の缶が外気に触れるとサビるので、あずきを缶に入れたまま保存するのもやめましょう。

 

あずきの缶詰を開封してあずきが余ったら、容器に移してしっかり蓋をしてすぐ冷蔵庫へ入れるのが正解です。

冷蔵庫でなら、夏場は3日、冬場なら5〜6日程度日持ちします。

 

冷蔵庫での低温保存は、雑菌の広がりを抑え、傷みが進むのを防いでくれます。

それでもなるべく早めに食べきるようにしましょう。

 

余ったあずきを当分使いそうもないときは、冷凍保存してしまうのがおすすめ。

あずきを容器に入れて蓋をするか、ラップであずきを包みます。

ラップに包んで保存する場合は、ラップの上にあずきを落としてスプーンなどで軽く広げます。

しっかり包んでからさらにジッパーバッグに入れ密封します。

冷凍保存なら1ヶ月、おいしさをキープできますよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

ゆであずきの缶詰の賞味期限が切れていても、半年~1年くらいまでなら食べることはできます。

開封後の缶詰のゆであずきは傷みやすいので、常温保存は厳禁!

必ず冷蔵庫か冷凍庫で保存するようにしてくださいね。

ただし、缶がさびていたり、中のあずきの色が変わっていたり異臭がする場合は、残念ですが食べるのは諦めましょう。

タイトルとURLをコピーしました