アンチョビがないときに代わりになるのはオイルサーディン?塩辛?

料理

食材としても、調味料としても重宝するアンチョビ。

パスタが好きな我が家では、アンチョビは結構な頻度で使っています。

今日も夕飯はパスタを作ろうと、アンチョビの缶詰を探したけれど、なんと買い忘れてました!

うわ、どうしよう、ほかの食材もう切っちゃったし・・・困りますよね。。

 

アンチョビがない時に代用できるものはなにか、ご紹介します。

スポンサーリンク

アンチョビがない!代用できるものは?

アンチョビはパスタだけでなく、サラダやオードブル、バーニャカウダなど、イタリアンには欠かせないですよね。

ヨーロッパでは、料理の材料の役割ばかりでなく、調味料として、どこの家庭にもアンチョビのビン詰か缶詰が常備されています。

 

そもそもアンチョビとは何かというと、カタクチイワシを開いたものを塩とオイルに漬けたものです。

かなりの量の塩で漬け、発酵させてあるので、大量に使用することは滅多になく、味のワンポイントや隠し味に使われますよね。

 

アンチョビの代用はオイルサーディンが使える

同じイワシが材料でピンとくるものといえば、オイルサーディンです。

アンチョビの代わりにオイルサーディンで代用することは可能です。

 

ただ、オイルサーディンは、マイワシや小イワシを塩漬けにした後、煮立てた油に通してから油漬けにしたものです。

塩分はアンチョビよりは少ないです。

オイルサーディンは内臓が取り除かれていますが、ほぼ姿漬けなので、ツナやサバ缶と同様に魚自体をそのまま食べるものなんですね。

アンチョビとオイルサーディンは似てはいますが、アンチョビは生、オイルサーディンは加熱処理済みというところも違っています。

 

ですので、アンチョビの代わりにオイルサーディンを使う場合は、オイルサーディンに多めの塩を振れば、アンチョビにごく近いものになります。

さらにアンチョビらしくするには、オイルサーディンを手開きにして骨を取るか、全体をフレーク状に潰します。

そして塩を振った後、缶に戻してラップをし、一晩もしくは数時間冷蔵庫に置くと、塩がなじんで使いやすくなります。

ただし、この方法は塩を振ってからしばらく時間がかかるので、すぐに料理をしたい場合は向いていませんが・・・

 

アンチョビの代用はツナ缶やサバ缶でも

すぐに料理をしたい場合、代わりにツナ缶サバの水煮缶を代用として使う方法もあります。

ツナ缶もサバ缶も塩分が入っていないので、アンチョビの代わりに使う場合は、多めに塩を足し、コクが足りないと思ったら、少し醤油を含ませると良いですよ。

ただ、見た目と味はやはりツナやサバなので・・・そこを割り切って代用するという感じになります。

 

ちなみに、アンチョビを調味料やソースなどの隠し味として使用するのであれば、魚醤ナンプラーでも代用可能ですよ。

 

スポンサーリンク

アンチョビの代用は塩辛がベスト?

アンチョビにはかなりの塩分が使われているので、実際に使うときはごく少量ですよね。

ですから、大量に代用品を探す必要はありません。

アンチョビのように塩辛くて旨味のある食材・・・もしイカの塩辛があれば試してみてください!

 

イカの塩辛を少量、細かく刻み、少し塩辛の汁を足してパスタなどに混ぜると、アンチョビと同じような風味を出すことができます。

酒盗カツオの塩辛なら、具の粒が小さいのでさらに使いやすいですよ。

アンチョビを旨味調味料として使う料理であれば、実はなんでも塩辛で代用することができます。

 

ただ、塩辛は保存のために調理酒が使われています。

そのため、もし小さいお子さんに食べさせる料理に使う場合は、そのままの使用は控えたほうが安心です。

どうしてもという場合は、ごく少量使うか、加熱調理をしてアルコールを飛ばすといいですよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

アンチョビがなかったときに、アンチョビの代わりになるものについてご紹介しました。

 

アンチョビの代用品としては、オイルサーディンやツナ缶、サバ缶が使えます。

調味料としてなら、イカの塩辛がおすすめです。

もしアンチョビを買い忘れた!というときは、参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました