しじみの砂抜き失敗したときの対処方は?失敗しない方法はコレ!

魚介類

しじみが口を開けて死んでる?

しじみの砂抜きに失敗したかも!?

…なんて思うこと、ありますよね。

 

しじみの砂抜きのやり方って、いまひとつ自信が持てないんですよね。

しじみが死んでいるのかの見分け方も、よくわかりません。

 

そこでこの記事では、しじみの砂抜きに失敗したときの対処方と、どうすれば上手にしじみの砂抜きができるのか、失敗しない方法をご紹介します!

 

スポンサーリンク

しじみの砂抜きに失敗…しじみが死んでいるけど食べられる?

しじみの砂抜きに失敗したみたいで、ダランと口を開いたまま動かない?

もしかして、死んでる?

 

砂抜きを始めてから、どれくらいの時間が経っていますか?

冷暗所に置いて5~6時間くらいだったら、生きていますよ。

すぐに口を閉じないからと言って、死んでいるわけではありません。

 

冷蔵庫に入れて冷えすぎたりると、しじみの動きが鈍くなります。

水道水で砂抜きすると元気がなくなるので、そのせいかもしれません。

でも生きていますから、そのまま料理に使ってOKです。

 

水道水に浸けて、一晩放置した?

それは微妙なところですね。

寝る前に砂抜きを始めて、翌日の朝食にすぐ使うなら大丈夫ですよ。

 

でも、本当は前日の夕食に使うつもりで、うっかり使いそびれた?

前日の昼頃から、砂抜きした後の汚れた水にずっと浸けっぱなし?

それを食べるのは、おすすめできません。

浸かっていた水そのものが、しじみから出た汚れで傷んでいるかもしれません。

傷んだ水に浸かっていたら、しじみも傷んでいる可能性があるからです。

 

砂抜きをした後のしじみは、お腹ペコペコの飢餓状態です。

そのままにしておくと、どんどん弱ってしまいます。

砂抜きをしたしじみは、なるべく早く調理した方がいいですよ。

 

スポンサーリンク

しじみは冷蔵庫に入れると死ぬって本当?死んだしじみの見分け方教えます

しじみを冷蔵庫に入れると死ぬのでしょうか?

 

いいえ、しじみを冷蔵庫に入れると死んでしまうということはありません。

冷たすぎて、しじみの動きが鈍くなっているだけです。

だから、冷蔵庫ではあまり砂を吐き出さないかもしれませんね。

 

冷蔵庫よりは、室内の涼しい場所で砂抜きした方がいいですよ。

よく砂を吐いてくれます。

ただし猛暑日は、冷蔵庫の方がいいと思いますが…。

 

でも中には、流通の途中で弱ったしじみもあるでしょう。

いかにも大きく口が開いているしじみは死んでいるので、取り除きましょう。

 

加熱調理した時に、固く口を開けないしじみも死んでいます。

食べているときに見つけたら、取り出すか残すかしてください。

料理はちゃんと食べられますから、安心してくださいね。

 

スポンサーリンク

しじみの砂抜き 失敗しない方法は?

では、しじみを上手に砂抜きするにはどうすればいいのでしょうか?

 

しじみの砂抜きのコツは、しじみが生きている場所と同じ環境を再現することです!

 

しじみは、海の水と川の水が混ざり合う場所に生息しています。

宍道湖のしじみは有名ですよね。

 

宍道湖の水は、海と川の水が混ざり合っていて、0.3~0.5%の塩分が含まれています。

しじみを砂抜きする時は、水1ℓに対して3gの塩を入れた水を使います。

塩3gは、小さじに半分くらいです。

水が500㎖なら、小さじ1/4ですね。

 

それから、

・水を入れるボール

・ボールより少し小さいザル

この2つを用意します。

 

それでは、しじみの砂抜きをしましょう。

  • さきほどの3%の塩水を、ボールに入れます。
  • ボールにざるをセットします。
  • ざるの中にしじみを入れます。
  • しじみを、できるだけ重ならないように広げます。

これは、一度吐いた砂を下の貝が吸い込んでしまうのを防ぐためです。

 

  • しじみが水に浸かった状態で、冷暗所に4~5時間置きます。

新聞紙などで蓋をして、暗くしてあげましょう。

 

しじみが吐いた砂は、ボールの底に落ちます。

吐いた砂は、吸い込まれてしまうことがないので、失敗はありません。

 

砂抜きしたしじみは、貝同士をこすり合わせるようにして水洗いしましょう。

貝の表面の汚れが取れます。

これで砂抜きができました!

 

スポンサーリンク

しじみを砂抜きしたらどれくらい保存できる?

砂抜きをしたしじみは、保存できるのでしょうか?

傷む前に保存できれば、無駄にしなくて済みますね。

 

砂抜きをしたしじみは、水から取り出せば保存することができますよ。

 

まず、砂抜きをしたしじみを水から取り出します。

そして、貝同士をこすり合わせながら水洗いしてください。

 

洗ったら、乾燥を防ぐためにビニール袋に入れて密封します。

これを冷蔵庫に入れましょう。

そうすれば、2~3日は保存することができます。

 

さらに長期間保存したい場合は、しじみを冷凍にします!

冷蔵のときと同じように密封して、冷凍庫に入れます。

そうすれば、1~2ヶ月も保存することができるんですよ。

 

砂抜きされているから、必要な時に必要な分だけ取り出して使えます。

調理する時は凍ったまま、急速に加熱するのがコツです。

こうすれば、いつでも美味しいしじみが食べられますね!

 

また、しじみを冷凍すると、肝機能を上げるオルニチンが約8倍、旨味成分のコハク酸も2倍以上増えることがわかっています。

冷凍するだけで栄養も旨味も増えるなんて、しじみは冷凍するほうが断然良いんですね!

 

スポンサーリンク

まとめ

しじみは、海水と真水が混ざったところに住んでいます。

同じ環境を作って砂抜きすれば、しじみも機嫌よく砂を吐いてくれます。

4~5時間したら水から出して、速やかに料理に使いましょう。

 

保存する時も、水から出します。

袋に密封して、冷蔵なら2~3日、冷凍なら1~2ヶ月保存できます。

 

これなら、しじみ料理にちょっと自信が持てそうですね。

どうぞ、試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました