チョコレートは冷蔵庫に入れるとまずくなる!?保存するなら冷凍庫?常温?

お菓子

チョコレートを開封したら、どこで保存していますか?

私はなんでも冷蔵庫に入れてしまうクセがあるので(笑)もちろんチョコも冷蔵庫で保存しているのですが、冷蔵庫に入れておくと、なんとなくまずくなる気がするんですよね。

見た目が白っぽくなることもあります。

チョコレートはどこで保存するのが正解なんでしょうか?

 

そこでこのページでは、チョコレートを冷蔵庫で保存するとまずくなる理由と上手な保存方法、チョコレートは賞味期限切れでも食べられるのかを実体験含めてご紹介します。

 

スポンサーリンク

チョコレートは冷蔵庫から常温に移すとまずくなる?

チョコレートにはカカオバターという脂肪分が含まれています。

カカオバターはチョコが28℃以上に温まると溶け出して分離します。

しかし、カカオバターの脂肪分は冷えると単独で固まり、チョコレートの表面に白く浮き出てきます。

この現象をファットブルームと言います。

脂肪分が他の成分と分離するわけですから、当然、チョコレートの味にも影響します。

 

カカオバターは、チョコレートの口溶けやトロッと旨味を感じさせる役割です。

この脂肪分が分離して浮き出ると、チョコを食べた時、チョコの風味や香りがうまく交わらず、油っぽさが口に絡むんですね。

さらに、脂肪分が外に逃げてしまったチョコレート自体はパサついてしまいます。

 

つまり、ファットブルームを起こしたチョコレートは、油っぽい脂肪を食べている感じがしつつ、舌触りはパサパサザラザラという感じです。

ほんとうはスーッと口の中で溶けるはずのチョコレートが、冷蔵庫で保存した後にまずくなる理由は、ファットブルームや温度変化が原因であることが多いです。

 

ほかに、冷蔵庫で保存しておいたチョコレートがまずくなる原因としては、冷蔵庫の臭いが移ることも考えられます。

チョコレートは臭いが移りやすい性質があるので、例えばにおいの強いキムチやニンニクを使った料理などの近くにおいておくのはNGです。

なんだかこのチョコ臭いぞ。。。と思ったら、冷蔵庫の臭い移りを疑いましょう。

 

スポンサーリンク

チョコは冷蔵庫と冷凍庫どちらで保存するのがいい?

チョコレートはもともと水分が少ないので、賞味期限が長く、腐りにくい食品です。

もしものための保存食にも向いていますよね。

ですので、チョコレートを保存する場合は、20℃以下でかつ高温多湿を避けられる場所なら、常温でも大丈夫です。

 

でも、夏場や常温で適した場所がない場合は、冷蔵庫保存または冷凍保存のほうがいいです。

ただし、冷凍保存の場合、チョコを冷凍庫から出したときに結露ができやすく、霜の匂いがチョコに移る可能性大なので、あまりおすすめはしません。

冷凍保存する場合は、箱ごとラップでグルグル巻きにして、さらに冷凍用保存袋に入れて密封します。

チョコレートは完全にカチカチには凍りませんが、冷凍庫に入れておいたチョコを食べる際は、前の晩から冷蔵庫に移しておきゆっくり解凍すると結露が出にくいです。

 

冷蔵庫や冷凍庫で保存する前は、ファットブルームを防ぐため、チョコレートが溶けていないかチェックしてくださいね。

また、冷蔵庫や冷凍庫の臭い移り防止のために、ラップやジッパーバッグでぴっちり密封し、においの強い食品と並べて置かないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

冷蔵庫に入れておいたチョコレートが賞味期限切れ!どのくらいまで食べられる?

ミルクや生クリームが入った生チョコや、フルーツなどが入ったボンボンショコラは、板チョコよりも賞味期限が短いです。

でも、賞味期限が切れたチョコはすぐに食べられなくなるというわけではありません。

 

未開封であれば、板チョコや製菓用の純チョコの賞味期限は、製造日から約1年です。

ボンボンショコラやクッキーチョコは、製造日から半年が目安です。

生チョコは使われている材料によりますが、製造日から2週間から1ヶ月ぐらいが賞味期限のものが多いですね。

 

賞味期限はおいしく食べられる期間です。

もう食べない方が良い期限である消費期限は、賞味期限プラス1.1倍~1.2倍なので、賞味期限が1年のチョコレートは、賞味期限が過ぎてから約1ヶ月〜1.5ヶ月が消費期限となります。

賞味期限が製造日から半年であれば、賞味期限が過ぎてから2週間〜1ヶ月がおおよその消費期限の目安です。

この期間を過ぎると品質は保証されませんので、味が落ちてもやむなし、、です。

 

スポンサーリンク

賞味期限切れのチョコレートを実際に食べてみた

板チョコや純チョコであれば、虫食いやカビが生えていなければ、消費期限切れでも食べられます

私はチョコが大好きなんですが、よく買っては冷蔵庫に入れて、存在を忘れてしまうことがしょっちゅうです。

あと、プレゼントでもらった高級ブランドのボンボンショコラを大事にしすぎて、賞味期限が半年以上過ぎてしまったこともあります。

当然、消費期限もとっくに過ぎています(笑)

 

賞味期限を半年以上過ぎた板チョコやボンボンショコラを食べたことは何度もありますが、いちおう普通に食べられるには食べられます。

賞味期限切れのチョコを食べてお腹を壊したこともないのですが、やはり、本来のチョコの香りや口どけは薄まってしまうので、おすすめはしません。

 

特に生チョコだけは、賞味期限内に食べきった方が絶対においしいです!

生チョコは生クリームが使われているものがほとんどなので、元々日持ちはあまりしませんし、やわらかい口溶けを楽しむものですよね。

一度開封するとどんどん乾燥していくし、冷蔵庫に入れておくと日に日に固くなっていきます。

なので、生チョコは賞味期限内、開封後は2~3日で食べきったほうが絶対においしいですよ!

 

スポンサーリンク

チョコレートは冷蔵庫に入れるとまずくなる まとめ

チョコレートを冷蔵庫に入れるとまずくなるのは、温度変化によって脂肪分が分離するファットブルームという現象か、冷蔵庫のにおいが移るためです。

チョコレートは20℃以下で湿度が少ない場所であれば、常温保存可能です。

ただ、生チョコやボンボンショコラなど、保存方法が書かれている場合はそれに従ってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました